MB

ASUSはAM5マザーボード用のAMD AGESA 1.0.0.7a BIOSを展開したもののパッチBを開発へ

ASUS は、AMD Ryzen バーンアウトの問題に続いて、AM5 マザーボード用の 2 つ目の AGESA 1.0.0.7a (パッチ A) BIOS ファームウェアを公開しました。

AM5 マザーボード用の ASUS の 2 番目のベータ BIOS がリリースされた AGESA 1.0.0.7 パッチ A でしたが、パッチ Bもすでに開発中

ASUS は、 4 月末に最初の AMD AGESA 1.0.0.7 BETA BIOS ファームウェアを公開しました。このロールアウトは、AMD Ryzen 7000 CPU ラインナップでのバーンアウトの問題を回避するために、SoC 電圧が 1.3V に制限されるようにするためのものでした。しかし、私たちが受け取った情報によると、1.0.0.7 に基づく初期の AGESA BIOS ファームウェアはすべてバグだらけであり、それらが解決されるまでしばらく時間がかかるでしょう。

ASUS は、1.0.0.7a というラベルの付いた 2 つ目の AGESA BIOS ファームウェアを公開したようです。これは、ASUS によると AGESA を ComboAM5 PI1007a に更新し、システム パフォーマンスを向上させるパッチ A BIOS です。しかし、私たちが学んだことに基づいて、この BIOS には以前の AGESA に関連する同じ DDR5 制限が再びあり、新しい熱制限は含まれていません。

ただし、新しい BIOS を試してみたい場合は、次のリンクから新しい BIOS を入手できます。

ASUS X670E & X670E マザーボード AGESA 1.0.0.7a BIOS ファームウェア

ASUS B650E & B650 マザーボード AGESA 1.0.0.7a BIOS ファームウェア

AMD マザーボード ベンダーは、バーンアウトの問題を完全に排除する PROCHOT Control および PROCHOT Deassertion Ramp Time 機能を導入するための適切な BIOS ファームウェアを展開する最初の期限を逃したようです。BIOS ベンダーによって SoC 電圧が 1.3V に制限されて以来、主要なレポートはありませんが、完全なソリューションはまだ AM5 マザーボードには導入されていません。

これまでのところ、内部メモリと安定性の問題により、これら 2 つの機能の遅延が発生しており、パブリックの非ベータ BIOS でそれらを確認できるようになるまでには、しばらく時間がかかるようです。そうは言っても、AGESA 1.0.0.7 のパッチ B は既に作成されており、その直後にパッチ C に関する情報もあります。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Gigabyte Z790「X」シリーズは、Intel第14世代CPU…

  2. Intelが第13世代 Raptor Lake用700シリーズチップセ…

  3. AMDがCXL (Compute Express Link) コンソー…

  4. AMDがRyzen 7000 CPU問題の根本原因を特定し対策を講じる…

  5. AMD CEO Lisa Suが1月12日にVirtual CES 2…

  6. MSIがAMDRyzen7 5800X3D、Ryzen 5000、およ…

  7. ASRockが最初にリリースしたIntel 第13世代 Raptor …

  8. Intel Rocket Lake CPUとSamsung 980 P…

  9. AMD Zen2 Boostの問題を修正

  10. AMD Ryzen 7000のバーンアウトを修正した公式AGESA 1…

  11. AMDが第1世代X370、B350、A320AM4マザーボードでRyz…

  12. Gigabyte AM5 マザーボードは、新しい BIOS を使用して…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP