MB

Gigabyte AMD 第3世代Ryzen Threadripper CPU向けTRX40 MB

(Source:videocardz)

AMDの第3世代Ryzen Threadripper CPU向けの最初のTR4 +ソケットマザーボードがリークされました。Videocardzによるリークで説明されたGigabyte AORUS TRX40マザーボードの詳細はあまり示されていませんが、新しいTR4+ボードラインアップの設計スキームに関する情報はたくさんありました。

最大64コアのAMD Ryzen Threadripper 3000 CPUを搭載したGigabyte AORUS TRX40マザーボード-優れた冷却機能を備えたE-ATXデザイン

Gigabyte AORUS TRX40マザーボードのソケットは、X399マザーボードに搭載されている既存のTR4ソケットと非常によく似ています。取り付けメカニズムも、現在のTR4マザーボードと似ています。しかし、新しいソケットではピンの構成が異なるため、TR4 +と呼ばれるものになります。次に、8つのDDR4 DIMMスロットがあり、32 GBモジュールをサポートして合計256 GBまでの容量を搭載可能になります。I/Oスロットの近くのアルミニウムスタックドフィンヒートシンクとマザーボードの右側のプラスチックカバー付きの通常のヒートシンクに加えて、VRMエリアの上部にある大きなヒートシンクアレイを確認できます。VRMは、12フェーズでした。右側のヒートシンクカバーには、ヒートパイプが通っています。同じヒートパイプが4つのヒートシンクすべてを通り抜けて、アクティブな冷却を備えたメインのPCHヒートシンクになります。マザーボードに新しいPCHが追加されPCIe Gen 4.0をサポートするのでより多くのレーン、そして追加されたI / O機能を実現するX399 PCHのアップグレードバージョンになります。このPCHは、X570チップセットと同様に、強力な冷却性能が必要なのです。

拡張用に、4つのPCIe 4.0 x16スロットと、フルカバーヒートシンクを備えたトリプルM.2スロット(Gen 4.0)があり、合計8個または10個のSATA 3ポートとUSB 3.1フロントパネルヘッダーを搭載しています。そして、デバッグLEDがマザーボード上にあります。装飾の面では、大規模なGigabyte RGB Fusion 2.0 LEDシステムが側面を彩り、PCHヒートシンク上でも楽しませてくれるものになっています。

マザーボードには、複数のAICカードを実行するときに電力を拡張スロットに送り込むための追加の6ピンコネクタも付いています。また、左側のDDR4スロットの下にある小さなヒートシンクの下に、Aquantia 10Gチップが隠れているようです。ハイエンドデザインMBの1つのリークでした。

関連記事

  1. AMD X570チップセットからIPを自社開発へ?!

  2. ASUS、H470チップセットを採用したIntel LGA 1200 …

  3. AMD 新チップセットの噂?!

  4. AMD Ryzen 3000 seiresとX570搭載マザーボード販…

  5. Intel Rocket Lake CPUとSamsung 980 P…

  6. Intel Z390は、Z370と何か進化するのか?!

  7. Gigabyte Z790「X」シリーズは、Intel第14世代CPU…

  8. AMD B550 MBはOEM向け?! 年末商戦に登場!!

  9. AMD B550およびIntel 400シリーズのマザーボード準備完了…

  10. 第12世代AlderLakeおよび第13世代RaptorLakeデスク…

  11. ASUS Intel Z390搭載マザーボード ROG series

  12. AMD Ryzen 7000 Zen 4 CPU 遅延は、BIOS が…

PAGE TOP