SSD

Seagate&Phisonは、次世代NVMe SSDの進歩のためにパートナーシップを拡大し、企業のコスト削減

Seagate Technology HoldingsplcとPhison Electronics Corp.は、次世代プレミアムビジネスNVMeSSDのSSDポートフォリオを拡張するという今日の目標を報告しました。新しいSSDは、高度なストレージ密度、低消費電力、およびパフォーマンスの向上を通じて、企業が総所有コスト(TCO)を最小限に抑えるのに役立ちます。両社はまた、ビジネスクラスのSSDの進化サイクルと流通を強化するために、より重要なパートナーシップに参加したことを明らかにしました。

SeagateとPhisonは、データセンターのTCOを最適化および削減するために、NVMe SSDテクノロジーパートナーシップを継続

SeagateとPhisonは、2017年以来Seagateの主流のSATA SSD開発に協力してきました。この緊密な関係は、FireCudaカスタマーゲーミングNVMe PCIe Gen4x4 SSDと世界初の専用NAS NVMe SSDの同社のパフォーマンスラインを通じて持続しています。

このアライアンスは現在、ハイパースケールデータセンターやハイパフォーマンスコンピューティングAIなどの特定のビジネスアプリケーションを可能にするHDDストレージを完成させる、密度の向上とより高速でインテリジェントなストレージインフラストラクチャ要件に対する進化するグローバル業界市場を満たします。

Seagateの40年以上にわたる市場をリードするエンタープライズストレージの専門知識と、エンタープライズストレージ市場の絶え間なく進化するニーズを満たすために高度にカスタマイズされたSSDを作成するPhisonの機敏な能力を統合しました。Seagateは、高度なSSDテクノロジーの開発でPisonと協力できることに非常に興奮しています。私たちの選択的な焦点は、専門のプレミアムゲームセグメントでのリーダーシップを継続しながら、幅広いパフォーマンス主導のエンタープライズSSD市場にサービスを提供することを可能にします。

–Seagate Technology、ビジネスおよびマーケティング担当シニアバイスプレジデント、Jeff Fochtman

SeagateとPhisonは共同で、クラス最高の実装、コスト削減、および効率に重点を置いた業界のビジネスクラスSSD開発を強化します。特定のワークロード、環境、およびユースケースに合わせて最適化された各固有の製品は、消費者の技術的ニーズを正確に処理するように計画およびカスタマイズされます。

Phisonは、Seagateと提携して、エンタープライズSSD製品ラインを拡大できることを誇りに思っています。当社の主要な社内ASICテクノロジーは、卓越したエンジニアリングと相まって、Seagateの業界に関する深い知識を補完します。このパートナーシップへの取り組みを示すために、2020年にコロラド州ブルームフィールドに開発センターを開設しました。一緒に、人工知能、クラウドストレージ、5Gエッジコンピューティングなどの幅広いアプリケーションに優れたソリューションを提供します。

— Phison Electronics、最高技術責任者、Sebastien Jean

SeagateとPhisonは、2022年の夏にこのパートナーシップの詳細な製品発表を共有します。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intelが次世代のOptaneと144層3D NAND SSDの詳細…

  2. MSI Spatium M570 PRO Gen5 SSDのデモで、巨…

  3. Gigabyte AORUS NVMe Gen 4 高速SSDが発表

  4. MSI Spatium M480 Pro SSDは、PCIe Gen4…

  5. Micron 2550 NVMe M.2 SSD ラインナップで 23…

  6. TEAMGROUP T-Force CARDEA PCIe Gen 5…

  7. Samsung 980 PRO PCIe 4.0 SSD

  8. 東芝 XG-6P NVMe SSD発表

  9. Samsung 980 Pro PCIe 4.0 SSDが2か月以内に…

  10. Phison Sequential 7GB/sへ

  11. Phison E26 PCIe Gen5 SSDコントローラーがASU…

  12. Silicon Motion PCI-Express 4.0対応 コン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP