CPU

Intel Meteor Lake-S が再びキャンセルか?!、Arrow Lake-S 6+8 コアデスクトップ SKUの噂も

噂では、Intel のMeteor Lake-Sデスクトップ CPU とArrow Lake-Sが2024 年中にキャンセルされる可能性があることが再び示唆されています。

最新の噂によるとIntelはMeteor Lake-SデスクトップCPUとArrow Lake-Sが採用へ

最新の Intel クライアント CPU を常に監視している@OneRaichu氏によると、Meteor Lake-S Desktop のラインナップが再びキャンセルされるとの噂が出ているようです。以前、リーク者によって同様の噂が流れ始めており、過去数か月にわたって一縷の望みとなるヒントがあったものの、IntelのクライアントCPUの最新ロードマップにはMeteor Lake-S Desktopのラインナップは含まれていないようです。

テストツールと流出したスライドの出現により、デスクトッププラットフォームでIntelのMeteor Lake CPUが登場する可能性が再び高まった。これらの CPU は、LGA 1851 ソケット プラットフォーム上の次世代 Arrow Lake チップと並んで存在するはずでしたが、現在はそうではないようです。代わりに、Arrow Lake CPU は、2023 年下半期に向けて計画されている Raptor Lake Refresh に続いて2024年に入手できる可能性があります。

An alleged Intel CPU Roadmap for client platforms showing the cancellation of Meteor Lake-S CPUs. (Image Credits: OneRaichu)

同じリーカーは、Arrow Lake-S CPU は 6+8 ダイ構成で提供され、以前に予想されていた 8+16 ダイ構成から大幅なダウングレードとなることも指摘しています。これは、Arrow Lake デスクトップ CPU ラインナップが最大 14 コアと 20 スレッドになることを意味します。これは、Raptor Lake-S デスクトップ CPU の 24 コアと 32 スレッド (8+16) よりもはるかに少ないことになります。

Intelは既存のチップよりもコア数が少ないだけでなく、AMDの16コアRyzen製品よりもコア数が少ないため、14コアに戻ることはマーケティング上の理由から好ましくない。Zen 5 ではコア数が 16 を超えて増加することは期待されていませんが、14 コアは依然としてラップトップ チップに搭載されているのと同じ量です。

これは、デスクトップ SKU と同じダイを利用する次期Arrow Lake-HX CPUが最大 14 コア/20 スレッドになり、デスクトップ ラインナップと同じマーケティング上の問題を抱えていることを示唆しています。Arrow Lake は、Lion Cove P コアと Skymont E コアによる大幅なパフォーマンス アップグレードを特徴とすることが期待されていますが、コア数を減らす必要があるほど十分だということなのでしょうか?

以前に予想されていた Meteor Lake-S と Arrow Lake-S ラインナップ内の SKU は次のようになります。

  • MTL-S 22 (6P + 16E) / 4 Xe Cores / 125W TDP
  • MTL-S 22 (6P + 16E) / 4 Xe Cores / 65W TDP
  • MTL-S 22 (6P + 16E) / 4 Xe Cores / 35W TDP
  • MTL-S 14 (6P + 8E) / 4 Xe Cores / 65WTDP
  • MTL-S 14 (6P + 8E) / 4 Xe Cores / 35WTDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xe Cores / 125W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xe Cores / 65W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xe Cores / 35W TDP

さて、私たちが見てわかるのは、この記事で述べていることの多くは今のところ噂であり、Intelは今月ビジョンイベントを計画しており、クライアントとより具体的にはデスクトップ側に関するさらなる情報を明らかにすることができます。Meteor Lake CPU (ラップトップ用) から始まるCore CPUラインナップの新しいブランド化など、Intel では多くのことが変化しているため、多くの重要な発表や新しい発表に期待してください。

Intel Desktop CPU Core Count Progression

FAMILY NAMETOTAL CORESTOTAL THREADSP-CORESE-CORESTOP SKU FREQUENCYYEAR
Sandy Bridge48N/AN/A3.90 GHz2011
Ivy Bridge48N/AN/A3.90 GHz2012
Haswell48N/AN/A4.00 GHz2013
Broadwell48N/AN/A3..80 GHz2014
Skylake48N/AN/A4.20 GHz2015
Kaby Lake48N/AN/A4.50 GHz2017
Coffee Lake612N/AN/A5.00 GHz2017
Coffee Lake Refresh816N/AN/A5.00 GHz2018
Comet Lake1020N/AN/A5.30 GHz2020
Rocket Lake816N/AN/A5.30 GHz2021
Alder Lake1624885.50 GHz2021
Raptor Lake24328166.00 GHz2022
Raptor Lake Refresh24328166.20 GHz?2023
Meteor Lake2228616TBD~2024
Arrow Lake2432816TBD~2024

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel 第 14 世代 Raptor Lake Refresh C…

  2. NVIDIAとAMDは、IntelとAppleに対抗するため、2025…

  3. Coffee Lake-S (Kaby Lake-R) は結局9月販売…

  4. Intel Rocket Lake-Sは、PCI-Express 4.…

  5. NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti の TGP は

  6. Intel Alder Lake K(F)シリーズとZ690マザーボー…

  7. AMDの次世代Zen 5 CPUは、再設計されたキャッシュでコアあたり…

  8. NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti 12GBは、GD…

  9. Intel、第12世代 Alder Lake OC対応デスクトップCP…

  10. IntelがAlderLakeアーキテクチャを発表し、USD$589M…

  11. 第 14 世代は、13世代と同じ価格でより高いパフォーマンスのCore…

  12. Intel 昨日の10nmプロセスに関する件を否定

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP