VGA

NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti カスタムモデルが販売リストに、最大2685MHzのブーストクロックと18GbpsのGDDR6メモリを搭載

最大周波数 2685MHzと18GbpsのGDDR6メモリを搭載したNVIDIA GeForce RTX 4060 TI カスタムモデルが、ロシアの小売業者によってリストされました。

NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti がロシアの小売業者によってリストされ、最大2685MHzと18GbpsのGDDR6メモリを搭載

ロシアの小売業者、extremecomp.ru は、数日前にすでにリークされた 4 つの Palit をリストアップしました。これは工場でオーバークロックされた設計で、2 つのStorm Xと2 つのDualが見られます。以前のリストと新しいリストの主な違いは、グラフィックスとメモリのクロック速度が記載されていることです。

  • Palit GeForce RTX 4060 Ti Dual OC 8 GB 128 ビット
  • Palit GeForce RTX 4060 Ti StormX OC 8 GB 128 ビット
  • Palit GeForce RTX 4060 Ti Dual 8 GB 128 ビット
  • Palit GeForce RTX 4060 Ti StormX 8 GB 128 ビット

リストに基づいて、Palit の NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti グラフィックス カードは、標準のデュアルFANデザインでわずか 2310 MHz を備えていますが、残りのモデルは OC デザインになります。Storm XとStorm X OC モデルは、それぞれ 2535 MHz および 2670 MHz で動作し、デュアル OCは、2685 MHz のピーククロックで、シリーズの中で最速になります。VRAM には、18 Gbps で 128 ビット幅のバス インターフェイスを介して動作する 8 GB の GDDR6 メモリが搭載されて288 GB/秒の帯域幅が提供されます。

デュアル OC 設計とデュアル OC 設計の間にこのような大きな相違がある理由は、非 OCのベース クロックのリストが原因である可能性があります。コア仕様に関しては、NVIDIA RTX 4060 Ti は、4352 コアに切り上げられる 34 個の SM を備えた AD106-350-A1 GPU を利用すると予想されます。フルチップには 36 個の SM または 4608 コアが搭載されていますが、カードは 32 MB の L2 キャッシュを搭載しているため、カットダウン構成が確認されます。カードは最大 2685 MHzで、NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti よりも 44% 高い、最大 23.3 TFLOPを提供します。実際のパフォーマンスの向上は、RTX 3060 Ti よりも 30 ~ 40% 近く速くなると予想それます。上位の RTX 4090 で見られた 50 ~ 80% の向上ではありません。

NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti グラフィックス カードには、さまざまな SFF およびコンパクトな ITX オプションが用意されており、小規模な PC ビルドに最適です。また、このカードは消費電力がはるかに少なく、ゲーム中に必要な電力は150~160Wに近く、さらに前のRTX 3060 Tiよりも25%低くなり、5 月末までに発売される予定で、価格はUSD$399 ~ 449です。

(Source:wccftech)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ドスパラ 「Assault Spy」推奨ゲーミングPCを4機種

  2. NVIDIAのHopperアーキテクチャはTSMCの5nmプロセスを採…

  3. AMD 50周年記念製品

  4. NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPER Ul…

  5. パソコン工房 税別10万円台からのRadeon RX 590搭載のゲー…

  6. NVIDIA GeForce GTX1180Ti 9月販売開始か?!

  7. NVIDIA GeForce RTX 3080 20 GB、RTX 3…

  8. パソコン工房 AMD Ryzen 7 2700 とNVIDIA GeF…

  9. Ampere GA104GPUを搭載したNVIDIAGeForce R…

  10. NVIDIAは、いつGTX20シリーズをリリースするのか?

  11. NVIDIA GeForce RTX3070グラフィックスカードはRT…

  12. NVIDIAがAMDRadeon RX6800シリーズに取り組むための…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP