MB

AMD Ryzen 7000のバーンアウトを修正した公式AGESA 1.0.0.7 BIOSファームウェアが5月上旬にリリース予定

AMD は、すべての Ryzen 7000 CPU 所有者が、バーンアウトの問題を回避するために、来月利用可能になったら、新しいAGESA 1.0.0.7 BIOSに更新することを義務付けました。

AMDは、Ryzen 7000 CPUの所有者がバーンアウトの問題を回避するためにAGESA 1.0.0.7 BIOSファームウェアにアップデートすることを義務付ける

ボード パートナーを更新する際に、AMD はAGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアが電圧制限以上の機能を備えており、ユーザーがオンラインで報告されているバーンアウトの問題を回避できるようにマザーボードを更新することが必須であることを明らかにしました。以下は、この問題に関するHKEPC の最新情報です。

Ryzen 7000X3D CPU バーンアウト事件に対応して、AMD は命を救うために AGESA 1.0.0.7 ファームウェアをリリースしました。マザーボードの製造元によると、これは単に SOC 電圧を 1.3V に制限するだけでなく、PROCHOT コントロールと ‘PROCHOT Deassertion Ramp Time が熱の安全性に関連する 2 つのメカニズムであるため、Ryzen 7000X3D ユーザーは AGESA 1.0.0.7 BIOS にできるだけ早くアップデートする必要があります。

PROCHOT Control は CBS と SMU COMMON に関連する機能であることがわかります。これは、プロセッサの過熱を防ぐために使用される熱安全機能です。プロセッサの温度が臨界値に達すると、CPU またはその他のシステム コンポーネントが PROCHOT 信号を送信します。プロセッサは、温度を下げて損傷を防ぐために電力を下げます。PROCHOT Deassertion Ramp Time は、PROCHOT 過熱信号が発生した後、プロセッサが再び通常の電力に戻るまでの時間定義です。温度が臨界値を下回ったときに、プロセッサが徐々に電力を増加させ、通常の動作状態に戻るまでに必要な時間間隔。

AGESA 1.0.0.7 では明らかに PROCHOT の定義が保守的になり、PROCHOT と SOC/IMC に関連する電圧と温度のしきい値が大幅に低下し、消費電力が回復するまでの間隔が長くなります。つまり、この CPU バーン イベントは単一の原因ではありません。一方で、SOC電圧が高すぎ、熱管理が不完全であることも問題ですが、問題が本当に解決できるかどうかを検証するには時間がかかります。

主要なマザーボードメーカーが一時的にリリースした緊急用 BIOS は AGESA 1.0.0.6 に基づいており、これは単に SOC 電圧を制限するため、1.0.0.7 が AMD の公式ソリューションです。AMD は、内部テストの目的で、マザーボード メーカーにベータ版を提供しています。、正式版は暫定的に5月6日に利用可能になる予定です。

-HKEPC経由

問題が深刻であるため、すべてのマザーボード メーカーは現在、古い AGESA 1.0.0.6 ファームウェアに基づいた新しい BIOS をリリースしていますが、SOC 電圧を 1.3V に制限しています。これは一時的な解決策であり、最近リリースされた ASUS の AGESA 1.0.0.7 BETA BIOS は、そのバージョンの何らかの形式を使用しているようです。真の BIOS ファームウェアは、すべての主要なボード パートナーが最初の公式 AGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアをリリースする予定の 5 月 6 日まで期待されていません。

Image Credits: u/Speedrookie

AGESA 1.0.0.6 と AGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアの違いは、古いファームウェアは SOC 電圧のみを制限するのに対し、新しいファームウェアは Ryzen 7000 CPU の内部メカニズムである PROCHOT コントロールと PROCHOT Deassertion Ramp Time も更新することです。熱保護に使用されます。このメカニズムは温度を考慮に入れ、限界に達すると PROCHOT 信号を送信して電力を下げて温度を下げ、あらゆる種類の損傷の発生を防ぎます。

問題の原因を突き止め、AM5 マザーボードの特定の電源レールに対策を講じた新しい AGESA を既に配布しており、SOC 電圧を 1.3V に制限するなど、CPU が仕様の制限を超えて動作するのを防ぎます。これらの変更は、Ryzen 7000 シリーズ プロセッサが EXPO または XMP キットを使用してメモリをオーバークロックしたり、PBO テクノロジを使用してパフォーマンスを向上させたりする機能に影響を与えるものではありません。

すべての ODM パートナーが、今後数日間で AM5 ボード用の新しい BIOS をリリースする予定です。すべてのユーザーは、マザーボードの製造元の Web サイトを確認し、BIOS を更新して、システムにプロセッサ用の最新のソフトウェアがインストールされていることを確認することをお勧めします。

CPU がこの問題の影響を受けた可能性があるユーザーは、  AMD カスタマー サポートに連絡する必要があります。当社のカスタマー サービス チームは状況を認識しており、これらのケースに優先順位を付けています。

-Anandtech経由のAMDスポークスパーソン

CPU が冷却されて通常の電力範囲に戻ると、Ramp 機能が有効になります。新しいファームウェアは、これらの機能の両方にいくつかの控えめな値を追加すると予想されます。Ryzen 7000 CPUが数か月前に発売されていることから、AMDがこの問題をこのタイミングで発見したのは非常に不可解とも言えます。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Ryzen AM4デスクトップCPUが更新により9つの新しいS…

  2. Intel Rocket Lake CPUとSamsung 980 P…

  3. Intelの今後の7nm CPU用か?! LGA-17XX / 18X…

  4. 2021年の規格策定を目指しPCI-SIG PCI-Express 6…

  5. AMD B550マザーボードがPCIe Gen 4を搭載して6月16日…

  6. AMD B550チップセットPCIe Gen 4.0搭載マザーボード

  7. AMD Ryzen 1.7.1用のDRAM Calculatorがダウ…

  8. AMD X570チップセットからIPを自社開発へ?!

  9. AMD 新チップセットの噂?!

  10. Intel 次世代デスクトップ向けMBについて

  11. G.Skillは、AMD Ryzen 7000 CPU の EXPO …

  12. AMDがRyzen 7000 CPU問題の根本原因を特定し対策を講じる…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP