CPU

現在のAMD AGESA 1.0.0.7 BIOSファームウェアにはバグが多くあり、熱制限やメモリの互換性を修正へ

AMD の現在の AGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアには、さまざまな問題があり、さまざまなメモリ互換性バグが含まれているようです。

AMDは、AGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアはバグだらけで、パッチを適用した新しいバージョンはメモリ問題の修正と温度制限を導入する

AMD Ryzen 7000 CPU と AM5 マザーボードが燃え尽きるという最近の報告を受けて、AMD とそのパートナーは、 SoC 電圧を 1.3V に下げるプラットフォームの迅速で一時的な修正を発行しました。レッドチームはまた、より洗練された BIOS が 5 月初旬に出荷されることを確認しました。これにより、新しいチップで発生する可能性のある電圧のバーンアウトを排除するために追加の熱制限が導入されます。

AMD のパートナーの大多数が AGESA 1.0.0.6 BIOS ファームウェアを介してアップデートを発行しましたが、ASUS は AGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアのベータ版リリースを使用することにしました。ただし、実際の AMD AGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアのリリースは、現在のバージョンにはバグのあるメモリ オーバークロックや互換性などのさまざまな欠陥や問題があるため、待たなければならない場合があります。

AMD は、これらの問題の存在についてボード パートナーに確認しており、現在、これらの問題を軽減することが期待される新しい 1.0.9.0 ファームウェア (内部命名) に取り組んでいますが、すべてが修正されるという保証はありません。既存の 1.0.7.0 ファームウェアに基づいて BIOS をロールアウトすることを計画していたすべてのボード ベンダーは、今のところ古いバージョンにロールバックすることをお勧めします。

これは、内部の 1.0.7.0 リビジョンに含まれている電圧制限を含み、温度制限を含まない最新の AGESA 1.0.0.6 アップデートに固執する必要があることを意味します。

リーカーのchi11eddogによると、現在の AGESA 1.0.0.7 BIOS ファームウェアは、AGESA 1.0.0.6 BIOS の DDR5-6000 速度と比較して、DDR5-4400 速度のサポートしか提供できません。これは、EXPO が制限されていることを意味し、より高速なメモリ速度を楽しむ唯一の方法は、古い AGESA ファームウェアを使用することです。

マザーボード ベンダーは、来週中に最初の 1.0.9.0 ファームウェア (内部使用) を受け取る予定です。テストとファイナライズには時間がかかるため、最新のパブリック AGESA BIOS は 5 月中旬または月末までに展開されると予想されます。新しい AGESA ファームウェアが標準の 1.0.0.7 または 1.0.0.7a (パッチ A) としてリリースされるかどうかは不明です。最新のリリースで同じバグが発生した場合は、マザーボードの最新の BIOS を入手できるまでもう少しお待ちください。

Ryzen 7000X3D CPU バーンアウト事件に対応して、AMD は命を救うために AGESA 1.0.0.7 ファームウェアをリリースしました。マザーボードの製造元によると、これは単に SOC 電圧を 1.3V に制限するだけでなく、PROCHOT コントロールと ‘PROCHOT Deassertion Ramp Time が熱の安全性に関連する 2 つのメカニズムであるため、7000X3D ユーザーはできるだけ早くAGESA 1.0.0.7 BIOS にアップデートする必要があります。

PROCHOT Control は CBS と SMU COMMON に関連する機能であることがわかります。これは、プロセッサの過熱を防ぐために使用される熱安全機能です。プロセッサの温度が臨界値に達すると、CPU またはその他のシステム コンポーネントが PROCHOT 信号を送信します。プロセッサは、温度を下げて損傷を防ぐために電力を下げます。PROCHOT Deassertion Ramp Time は、PROCHOT 過熱信号が発生した後、プロセッサが再び通常の電力に戻るまでの時間定義です。温度が臨界値を下回ったときに、プロセッサが徐々に電力を増加させ、通常の動作状態に戻るまでに必要な時間間隔。

AGESA 1.0.0.7 では明らかに PROCHOT の定義が保守的になり、PROCHOT と SOC/IMC に関連する電圧と温度のしきい値が大幅に低下し、消費電力が回復するまでの間隔が長くなります。つまり、この CPU バーン イベントは単一の原因ではありません。一方で、SOC電圧が高すぎ、熱管理が不完全であることも問題ですが、問題が本当に解決できるかどうかを検証するには時間がかかります。

-HKEPC経由

現在の AMD AGESA 1.0.0.7 ファームウェアには、内部 1.0.7.0 リリースに含まれている PROCHOT Control および PROCHOT Deassertion Ramp Time 機能も含まれていません。これらは、パッチが適用された AGESA 1.0.0.7 ファームウェアとして機能する新しい 1.0.9.0 リリースにも表示される予定です。

結論は:

  • 1070/1090 内部版。- PROCHOT Control および PROCHOT Deassertion Ramp Time 機能を使用し、それらが 1007/1007a またはそれ以降と等しくない場合、1090 が公開の次のジャンプ バージョンになる可能性があります
  • 1007 -192GB 4 つの DIMMscan は 4400 にしか到達せず、実際には PROCHOT コントロールと PROCHOT Deassertion Ramp Time はありません
  • 1006/1007a 以降 – 192GB の 4 つの DIMM で 6000 / 6400 に到達できますが、1007a 以降では新しい BIOS で問題が完全に解決されるという保証はありません。

今後数週間のうちに、マザーボード ベンダーから最新の BIOS に関する詳細情報が提供される予定です。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel Ice Lake-SPのコア数は?

  2. パソコン工房 「AMD フェスティバル STAGE 1」スタート AM…

  3. Intelの12-coreのCore i9に対抗して、AMDは 16-…

  4. Intel Demos Next-Gen 10nm + Tiger L…

  5. AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、R…

  6. AMD 第2世代EPYC Romeプロセッサー 巨大な39.54億個の…

  7. AMD Ryzen Pro、Athlon Proの第二世代発表

  8. Intel Core i9-10850K 10コアCPUを追加、Cel…

  9. Intel Alder Lake 14コア/20スレッド デスクトップ…

  10. AMD Ryzen Threadripper 3990X

  11. Intel Coffee Lake-S Refresh 仕様?!

  12. Intel が125W、65W、35W モデルを含む 13 種類の A…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP