CPU

AMD Ryzen 7000 Raphael Zen 4 CPUは、Ryzen 9 のSKUに16コアのTDP170Wと12コアのTDP105W?!

Zen4コアアーキテクチャに基づくAMDのRyzen 7000 Raphael CPUは、最新の噂が信じられるとすれば、クロック速度とTDPの両方で驚くべき向上が見込まれます。

AMD Ryzen 7000 Raphael Zen4デスクトップCPUが16コアでTDP170Wや12コアTDP105W のRyzen 9が用意される

コードネームRaphaelのAMD Ryzen 7000 CPUファミリは、5nmプロセスノードで最初に製造される予定です。CPUは、より高いIPCを提供するZen4コアアーキテクチャなどのいくつかのアーキテクチャ革新を特徴としています。AMDは、すべてのコアで最大5 GHzで動作する実動前のサンプルをすでにデモしており、シングルコアのブーストクロックについて言えばさらに高くなっています。しかし、それらの高クロックはより高い電力コストになるかもしれないように見えます。

https://twitter.com/greymon55/status/1506910277375180803

 

リーカーによると、Greymon55、Ryzen 7000 Raphael Zen4ファミリのAMDのRyzen9セグメントは、16コアと12コアの2つの構成に基づいています。これは、現在の16コアや12コアのRyzen 9パーツに似ています。これらのチップは、65W、105W、および最大TDP170W構成で提供されます。噂によると、TDP170WのSKUには16コア/32スレッドが搭載され、TDP105Wには12コア/24スレッドが搭載されます。65Wパーツは、「X」シリーズパーツよりもはるかに低い最適化されたクロック速度で動作する、電力最適化されたものになります。新しいTDP120Wセグメントについての話もありますが、情報は提供されていません。

現在、TDPが高いのは、クロック速度の向上に起因する可能性があります。これは、これまでのRyzen CPUの中で最も高い速度です。しかし、Ryzen 7000 IHSの下では、まだ知られていないことがもっとたくさん起こる可能性があります。CPUは、最大4つの計算ユニットを備えた統合RDNA 2 iGPUを備えていることも期待されていますが、それが電力バンプの背後にある主な原因ではありません。16コアでTDP170WのCPUは特殊な高クロックCPUである可能性が高く、標準のTDP105W のRyzen 9も用意される可能性があります。しかし、AMDが発表したときにのみわかります。

AMD Ryzen 7000 Zen4 CPUの発売と可用性

可用性はAMDが  最近再確認したものです。AMDのCEOは、2022年の後半にRyzen 7000デスクトップCPUを期待できると述べており、初期の噂では10月から11月の発売時期が指摘されていましたが、最新の噂では、発売は 早くも2022年6月から7月に行われると見られています。これは、AMDのRyzen 5000デスクトップCPUの発売から2年を迎えます。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. MSIがAMDRyzen75800X3DBCLKのオーバークロックを今…

  2. Intel Core i7-10700K 8コア&Core …

  3. Intel Z490マザーボードは5月までに発表?!

  4. MCJ G-Tuneブランドから第 8 世代 Core i7-8700…

  5. Intel第10世代コア「Comet Lake-S」デスクトッププロセ…

  6. AMD Athlon 300GE TDP35Wで3.40GHz?!

  7. AMD Zen 2ベースのRyzen3 3300XとRyzen3 31…

  8. Intel イノベーション2023イベントを9月19日に開催し、Met…

  9. Intel Core i9-9990XE ベンチマークスコア

  10. Intel Corei5-12400とCorei5-12600 Non…

  11. ついに正式発表! Intel Core i9シリーズ

  12. Intel AlderLake-Sは2021年9月に発売予定

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP