MB

MSIがAMDRyzen7 5800X3D、Ryzen 5000、およびRyzen 4000 CPUを500、400、および300シリーズマザーボードでサポートするBIOSを公開

MSIは、公式のAMD Ryzen 7 5800X3D、Ryzen 5000、およびRyzen 4000 CPUサポートBIOSを、500、400、および300シリーズのマザーボードに展開しました。

MSIの500、400、300AM4マザーボードは新しいBIOSによりRyzen7 5800X3D、Ryzen 5000、Ryzen4000CPUに対応

AMDは最近、革新的なAMD3DV-CacheテクノロジープロセッサであるAMD Ryzen 7 5800X3Dを含む最新の「Zen3」および「Zen2」の新しいプロセッサがDIYユーザー向けに間もなく発売されることを発表しました。さらに、主流のRyzen 7 5700X、Ryzen 5 5600、Ryzen 5 5500、Ryzen 5 4600G、Ryzen 5 4500、およびRyzen 3 4100はすべて、さまざまなレベルのシステムビルドに対応しています。

すべてのMSI 500、400、および300シリーズマザーボードは、AMD AGESA COMBO PIV21.2.0.6cを備えた最新のRyzen™5000および4000プロセッサを包括的にサポートします。

MSIは、ゲーマーとクリエイターに最高の体験を提供することをお約束します。これが、BIOSアップデートがほとんどのユーザーにとって常に優れている理由です。最新のAMDAGESACOMBO PI V2 1.2.0.6c BIOSが、一部のMSI 500および400シリーズマザーボード用にリリースされました。AGESA 1.2.0.6cの目的は、互換性を向上させるだけでなく、AMD Ryzen 7 5800X3Dのパフォーマンスを最大化することでもあります。古い300シリーズマザーボードについては、4月末までにAGESA COMBO PIV21.2.0.6cベータBIOSをリリースする予定です。

BIOSバージョンBIOS Now(MSI)4月末までに(MSI)
1206c(Ryzen 7 5800X3D最大化)500シリーズマザーボード500シリーズマザーボード
400MAXシリーズマザーボード400MAXシリーズマザーボード
MAXシリーズ以外のマザーボード400個(ベータ版)
300シリーズマザーボード(ベータ版)
1205(最新のRyzen CPUサポート*)MAXシリーズ以外の400個のマザーボード
古い300シリーズマザーボード

ユーザーのために、MSIは最新ニュースを更新し続けます。MSIの担当者をフォローし、BIOSアップデートの製品ページを確認してください。

  • Ryzen 7 5800X3D、Ryzen 7 5700X、Ryzen 5 5600、Ryzen 5 5500、Ryzen 5 4600G、Ryzen 5 4500、およびRyzen 3 4100
  • AMD X370、B350、およびA320マザーボードはRyzen 5 5500プロセッサをサポートしていません。現時点では、AM4ソケットプロセッサのサポートに関する情報については、AMDの公式発表を参照してください。
  • M-FlashまたはBIOSFlashbackを使用して最新のBIOSをダウンロードしてインストールし、影響を受けるモデルを更新します。
  • 常に最新のBIOSをmsi.comの対応する製品ページからダウンロードしてください。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. MCJ 第8世代CPU インテル® Core™ i7-8…

  2. Intel Rocket Lake CPUとSamsung 980 P…

  3. AMD B550マザーボードがPCIe Gen 4を搭載して6月16日…

  4. AMD Ryzen Threadripper 3990X 64コアHE…

  5. AMD X470 B450 PCIe 4.0サポートされない?!

  6. ASUS、Intel XMP、AMD EXPOメモリプロファイル、ベー…

  7. Intel Z390を発表

  8. MSI Z790 MAX マザーボードは、Wi-Fi 7 と 5GbE…

  9. Gigabyteは、AM4シリーズの500、400マザーボードでAMD…

  10. AMDが第1世代X370、B350、A320AM4マザーボードでRyz…

  11. AMD Ryzen AM4デスクトップCPUが更新により9つの新しいS…

  12. AMD X570チップセットからIPを自社開発へ?!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP