AMD Zen 3「4000シリーズ」は600シリーズチップセットでUSB 4.0を搭載し2020年後半に登場?!

(Source:wccftech)

この情報は、Electronic Timesからのものであり、AMDの600シリーズチップセットは2020年末近くに登場するそうです。600シリーズチップセットはUSB 3.2だけでなく4.0もサポートします。新しいチップセットはZen 3ベースのプロセッサ向けに設計されており、AMDプロセッサの新しい時代の到来を告げます。Zen 2をはるかに上回るIPCゲインをもたらします。

AMD 600シリーズチップセットは2020年中に準備が整い、Zen 3はCES 2021で発売か?

このレポートを信じる場合は、CES 2021のラウンチで、Zen 3ベースのRyzeen 4000シリーズプロセッサと600シリーズチップセットが利用可能になるということです。後方互換性とサポートは、現時点では情報がほとんどないため、期待しない方が良いです。同じソースは、B550やA520を含む500シリーズのチップセットが2020年の第1四半期に生産を開始すると予想し、一方では、600シリーズの対応製品は、USB 4.0コントローラーなどの大幅なアップグレードを予定しています。AMDのZen 3ベースのプロセッサは、ZenベースのCPUアーキテクチャの頂点であり、TSMCの7nmプロセスの成熟したプロセスになるでしょう。そういえば、TSMCはAMDが今年の7nmプロセスノードで最大の顧客になると予想されています。(現在、4位です)。TSMCでは、Apple製品に関して2020年下半期に5nmプロセスに移行し、AMDが7nmプロセスの所有権を完全に自由に使えるようになります。同社はすでに膨大な量である30,000枚のウエハの追加リクエストを出しているということです。一方、Intelは、工場がピーク容量で動作しているため供給がロックされたままです。

AMDの600シリーズチップセットは、古いX570 PCHに代わるX670チップセットとして市場に出ます。しかし、ここからの情報に?がつきます。噂によると、AMD X670 PCHはAM4ソケットのままで、PCI 4.0サポートとIOサポートの強化を特徴としているというものです。また、Thunderbolt 3がチップセットにネイティブで搭載される可能性もあります。別の噂として、600シリーズのチップセットでAM4ソケットを廃止することを選択する可能性があります。AMDは、HEDT側で昨年末に変更している点から、新しいテクノロジーを搭載するための合理化が必要であるからです。USB 4.0やDDR5およびPCIe 5.0のような新しい技術の導入に際して大幅な変更は当然のことのように思えます。AM4プラットフォームは2020年末までに4年以上使用されているという部分でも理にかなっているのかもしれません。AMDのSVPであるForrest Norrodは、Zen 3が他の主要な機能強化とともに完全に新しいチップアーキテクチャをもたらす方法を以前に明らかにしました。AMDは、7nm +プロセスノードに基づいて、いくつかの主要なIPCの改善と、Zen 3コアによる主要なアーキテクチャの変更を提供することを目指しています。

この情報では、Intelがもたもたしているから急いでZen3を発売する必要がなくなったから来年年始に用意する事にしようとしているように見えます。どうなるやら