CPU

Intel デスクトップCPUは、Raptor Lake-S Refreshが10月、Arrow Lake-Sが2024年後半、Xeon W-2500とW-3500のRefreshが2024年上半期という噂

今年は Meteor Lake がラップトップ向けに大きな変革をもたらす一方、Intel はメインストリームおよび HEDT デスクトップ向けに、Raptor Lake-S Refresh、Arrow Lake-Sと Sapphire Rapids Xeon W Refresh という 3 つの製品ファミリーを計画しています。

Intel Raptor Lake-S Refresh は 10 月に発売、Arrow Lake-S は 2024 年後半に発売、Sapphire Rapids HEDT Xeon W は 2024 年上半期に発売

最新情報は、リーカーであるEnthusiast Citizen at Bilibiliからのもので、2023年から2024年の間に発売される3つのデスクトップ製品ファミリーに関する情報を持っています。まずは最も情報がある第14世代「Core」ファミリーとしてブランド化されるRaptor Lake-S Refresh ファミリーです。Intel Raptor Lake-S Refresh デスクトップ CPU は、より高速なクロック、より高い消費電力、およびより優れた高周波数メモリのサポートを特徴とすることが期待されています。これらの CPU は、今年 10 月に登場予定です。

  • Raptor Lake-S Refresh “Unlocked” – October 2023
  • Raptor Lake-S Refresh “Locked” – November – December 2023
  • Arrow Lake-S – Late 2024 – Early 2025
  • Xeon W-2500/W-3500 – Early 2024

Intel Raptor Lake-S Refresh “K” Unlocked SKU に加えて、同社は 11 月から 12 月にかけて Non-K パーツも導入する予定です。Intel が 8 P コア構成と 12 E コア構成を実装する新しい SKU を追加したとの報告がありますが、その SKU が販売されるかどうかは確認されていません。しかし、Core i7 CPUラインナップをより多くの E コアにアップグレードすることは間違いなく興味深い選択となるでしょう。すべての CPU は、LGA 1700/1800 ソケットを備えた既存の 600 と 700 シリーズ マザーボードと互換性があります。

さらなるデスクトップのアップグレード、2024年末、さらには 2025年初めまでは情報がありません。Intel Arrow Lake-S CPU は、最新の P コアおよび E コア設計を備え、アーキテクチャの点で大きな移行を示すことになります。新しい CPU は次世代 LGA 1851 ソケットになりますが、8 個の P コアと 16 個の E コアの設計は継続されます。

6 + 8 Arrow Lake-S 構成のみを指す人もいれば、最大40コア構成について話す人もいるなど、さまざまな噂がありますが、Intel が自ら明らかにしない限り、何も確定したものではあません。これらは TSMC の 3nm プロセス ノードに基づくようですが、Arrow Lake CPU はマルチタイル アーキテクチャを利用しているため、それがチップ全体に対するものなのか、特定のタイルに対するものなのかは不明です。そして、既存の Xeon W-2400 と Xeon W-3500 シリーズを置き換える Xeon W-2500 および Xeon W-3500 シリーズの形で提供される Intel HEDT アップデートがあります。これらの Sapphire Rapids Xeon-W リフレッシュ CPU は、既存の W790 マザーボードとも互換性があります。Intelはサーバー用に更新された Emerald Rapids 設計をリリースする予定ですが、同じ設計が更新された Sapphire Rapids チップに同梱されるかどうかは不明です。第 4 世代と第 5 世代の Xeon CPU はどちらも同じプラットフォーム上で互換性があります。

全体的に見て、興味深いラインナップであることは間違いありませんが、来年、Zen 5 および RDNA 3.5 コア アーキテクチャを搭載したAMD Ryzen 8000 CPUに取り組むのに十分かどうかはまだわかりません。同社は9 月 19 日にイノベーションイベントを予定しているので、詳細はその時に発表されるものと思います。

Intel Desktop CPU Core Count Progression

FAMILY NAMETOTAL CORESTOTAL THREADSP-CORESE-CORESTOP SKU FREQUENCYYEAR
Sandy Bridge48--3.90 GHz2011
Ivy Bridge48--3.90 GHz2012
Haswell48--4.00 GHz2013
Broadwell48--3..80 GHz2014
Skylake48--4.20 GHz2015
Kaby Lake48--4.50 GHz2017
Coffee Lake612--5.00 GHz2017
Coffee Lake Refresh816--5.00 GHz2018
Comet Lake1020--5.30 GHz2020
Rocket Lake816--5.30 GHz2021
Alder Lake1624885.50 GHz2021
Raptor Lake24328166.00 GHz2022
Raptor Lake Refresh24328166.20 GHz?2023
Meteor LakeTBDTBDTBDTBDTBD~2024
Arrow Lake4048832TBD~2024
Panther Lake4048832TBD~2025
Beast Lake80961664TBD~2026

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel Whiskey Lake-U

  2. IntelがXeonラインナップで競争力のある価格を提供してAMDのE…

  3. AMD EPYC Genoa「Zen 4」CPUは、新メモリ、新ソケッ…

  4. Intel10nm AlderLake-SデスクトップESサンプルCP…

  5. AMDはコアあたりのパフォーマンスが最も高い第2世代EPYC 7Fx2…

  6. Intel 「IceLake」では、モバイル向け「Y series」に…

  7. Intel、第12世代 Alder Lake OC対応デスクトップCP…

  8. Intel ノートパソコンの熱設計を革新する「蒸気室とグラファイトシー…

  9. Zen 3、Zen 4、RDNA2、RDNA3、次世代EPYCなど

  10. AMD Ryzen 4000 Renoir 8コア/16スレッドデスク…

  11. Intel Ice Lake 2019年末には大量生産

  12. Intel Core i9-12900KS Alder Lake CP…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP