CPU

Intel は、Arrow Lake-S、Arrow Lake-HX、Arrow Lake-H CPU がデスクトップとノー​​ト PC 向けに第 4 四半期に発売予定と公表

Intelは、デスクトップとラップトップ向けの次世代Arrow Lake-S、Arrow Lake-HX、Arrow Lake-H CPUが2024年第4四半期の発売に向けて順調に進んでいることを確認しました。

Intel Arrow Lake CPU はデスクトップとラップトップに搭載され、2024 年第 4 四半期に正式に発売される予定

Intel は、ここで報告したように、次の四半期 (第 3 四半期) に Lunar Lake CPU を出荷し、よりパフォーマンス重視のチップである Arrow Lake をデスクトップ PC とラップトップ PC の両方を対象に 2024 年第 4 四半期に発売するなど、独自のデスクトップおよびラップトップ ロードマップを加速しているようです。

プレビュー中に、Intel は Arrow Lake CPU に関する詳細をいくつか公開しました。Arrow Lake CPU は、Arrow Lake-S、Arrow Lake-HX、Arrow Lake-H の各バージョンで提供されます。ブルー チームによると、Arrow Lake CPU は 2024 年第 4 四半期にリリースされる事を、数週間後に開催される Computex 2024 で公表する予定です。

プレビューでは、Intel が次世代の Arrow Lake-S「Core Ultra 200」デスクトップ CPU の簡単なティーザーを公開しました。私たちが見ているダイは、パッケージが再びモノリシック デザインになるものの、複数のタイルを収容することを確認しています。タイルには、CPU、GPU、SOC、IO タイルが含まれます。最大のタイルは CPU と SOC のタイルで、下部にある大きな長方形のタイルと中央にある正方形のタイルです。また、Lunar Lake CPU にも搭載されているダミー タイルも搭載されています。

私たちが知る限り、ここに示す Intel Arrow Lake-S CPU ダイは、Lion Cove コア アーキテクチャに基づく 8 つの P コアと、Skymont 設計に基づく合計 16 の E コアを備えた 8+16 設計です。また、SOC タイルには少なくとも 4 つの低電力 Crestmont E コアが搭載されているはずです。GPU タイルには、Xe-LPG「Alchemist」グラフィックス アーキテクチャに基づく少なくとも 2 つまたは 4 つの Xe コアが搭載され、Arrow Lake-S「Core Ultra 200」CPU ラインで少なくとも 13 の SKUを発売する予定です 。これには、Core Ultra 9 285K、Core Ultra 7 265K、Core Ultra 5 245K などの最上位のロック解除済み「K」シリーズ チップが含まれます。これに続いて、Non-K 65W および 35W CPU ファミリーが発売されます。

これまでに Arrow Lake-S デスクトップ CPU についてわかっていることは次のとおりです。

  • LGA 1851 ソケットの寿命は 2026 年まで延長予定
  • DDR5のみの互換性があり、DDR4はサポートされていません
  • 800シリーズマザーボードでスタート
  • 最大 DDR5-6400 メモリ (ネイティブ JEDEC) をサポート
  • CPU と PCH を介した PCIe Gen 5.0 レーンの増加
  • Arrow Lake-S 初のデスクトップ ファミリーをサポート (DIY)
  • Arrow Lake-S CPUはPコアあたり3MBのL2キャッシュを搭載
  • Arrow Lake-S CPUはAlchemist iGPUを搭載
  • Arrow Lake-S CPUは8+16、6+8 CPU SKUを搭載
  • Arrow Lake-S  8+16 (24 コア)
  • Arrow Lake-S  6+8 (14 コア)
  • ハイパースレッディングはサポートされていません(?)
  • 2024年後半に発売予定

Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU は、最新の 800 シリーズ マザーボードに搭載される LGA 1851 ソケットをベースに設計されます。これらのマザーボードは、 Computex 2024 で発表される予定のフラッグシップ Z890 チップセットを搭載してデビューする可能性があります。最近、これらのマザーボードにはネイティブ Thunderbolt 4 サポートが備わっているほか、主に強力な IMC (統合メモリ コントローラ) によるメモリ サポートに関する大幅なアップデートが搭載されることが明らかになりました。また、Intel のArrow Lake-HX および Arrow Lake-H CPU は、 NVIDIA の Blackwell「RTX 50」GPU の発売に続いて、今年後半に出荷され、2025 年初頭に正式に利用可能になる予定です。

Intel Arrow Lake-S Desktop CPU Lineup (Preliminary)

CPU NAMEARCHITECTURE (P/E)CORES/THREADSCLOCKSCACHE (L3)TDP
Core Ultra 9 285KLion Cove / Skymont24/245.5 GHz (Max?)36 MB125W?
Core Ultra 7 265KLion Cove / Skymont20/20TBD33 MB125W?
Core Ultra 5 245KLion Cove / Skymont14/14TBD24 MB125W?
Core Ultra 9 275Lion Cove / SkymontTBDTBDTBD65W?
Core Ultra 7 255Lion Cove / SkymontTBDTBDTBD65W?
Core Ultra 5 240Lion Cove / SkymontTBDTBDTBD65W?

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel 14th Meteor Lake-P モビリティCPUは、…

  2. Intel デスクトップ向けCPU 2021年も14nm?!

  3. AMD Ryzen 7 5800X3D CPUをUSD$449で発表、…

  4. AMD 第3世代Ryzen Threadripper CPU向けMSI…

  5. パソコン工房 NVIDIA® GeForce® GTX 1080 とイ…

  6. Intel Xe MAX GPUが発表され、iGPU、dGPU、CPU…

  7. アリゾナ 工場42から生まれたばかりのIntel 次世代 Meteor…

  8. Intel Core i5-13600K 14Core Raptor …

  9. 第11世代IntelRocketLakeデスクトップゲーミング用CPU…

  10. IntelがWindows 11 での AI 高速化を実現する専用 V…

  11. Intel 10nm Sapphire Rapids Xeonスケーラ…

  12. AMDの目標、第2世代EPYC CPUで2020年第2四半期までにサー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP