CPU

Intel Amber Lake-Y

Intelの 「Amber Lake-Y」は、「Whiskey Lake-U」と比較するとこれまでほどの差はない。Intelは、「Amber Lake」は、「Kaby Lake」のままであると説明しており、14nm+プロセスで製造されているから、「Kaby Lake Refresh」と同じです。「Amber Lake-Y」は基本的には、「Kaby Lake Refresh」をTDP5W内に収められるレベルまで周波数を引き上げたもということです。特徴も「Kaby Lake Refresh」を引き継いでいて、「Whiskey Lake-U」はシリコンレベルで施されたMeltdown Variant 3と5への対策も、「Amber Lake-Y」ではFirmwareおよびOSレベルにとどまっています。「Amber Lake-Y」におけるSpectre, Meltdownへの対策はこれまでどおりのソフトウェアレベルということになります。

PCHに関しても「Skylake-Y」や「Kaby Lake-Y」と同様のSkylake PCHです。「Kaby Lake-Y」との相違はTDPを4.5Wから5Wに引き上げ、その分周波数を引き上げて性能を改善したこどです。

関連記事

  1. Intel Core i7-1165G7 10nm CPUベンチマーク…

  2. AMDが10月8日に次世代Ryzen 4000「Vermeer Zen…

  3. 第8世代Intel Coreプロセッサ「Coffee Lake(Kab…

  4. 2021年までに、PCI-Express Gen 6.0仕様策定完了へ…

  5. Intel、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサ「Coffee …

  6. Intel Tiger Lakeに搭載されているXeグラフィックスは、…

  7. Intel Core i9-14900KS 6.2 GHz CPUは、…

  8. パソコン工房 RYZEN スタートフェスタ開催

  9. AMD Athlon 200GE販売開始

  10. Intelは2022年第1四半期にAlderLake-SとAlderL…

  11. Intel Comet Lake-S 14nmデスクトップ10コア&#…

  12. AMD Ryzen 7000 CPUのゲームパフォーマンス問題の対応に…

PAGE TOP