メモリ

SamsungのDRAM部門は生産レベルの向上を期待し回復に向かう


SamsungのDRAM事業は、市場調査会社オムディアが同社が回復に向かっていると報告しており、ようやくプラス成長を見せ始めた。

Samsung、AI業界からの多大な関心の中、DRAM部門でHBM市場に注力するようだ

Samsungのメモリ部門は、特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の時代以降、長年にわたって絶望的な状況にあったが、その主な理由は同部門が消費者需要の大幅な減少と高在庫水準を目の当たりにし、その結果、数四半期連続でマイナスの財務成績となったからだ。同社は23年度に収益性がなんと95%低下し、持続可能性に問題のある状況を生み出した。しかし、在庫レベルの是正と段階的な価格上昇に向けた同社の継続的な努力を経て、韓国の大手企業は正しい方向に向かっているように見える。

韓国メディアの報道によると、市場調査員のオムディアは2024年のSamsungのDRAMウェーハ生産レベルについて楽観的であり、市場がアップグレードサイクルに移行し、消費者が既存のストレージやメモリ製品の買い替えを検討しているため、前年比増加が見込まれるとしている。同社は2024年第4四半期までに200万枚のウェーハ生産を目指していると言われており、これは昨年の数字から41%増加している。Samsungは現在、将来の需要の増加が見込まれることから、生産レベルの向上を通じて失われた利益を取り戻すことを目指している。

それとは別に、Samsungは市場に向けた戦略を「再構築」することを検討しており、AI業界の需要の増加に伴いHBMの生産により重点を移している。SamsungはNVIDIAやAMDなどの巨大企業の信頼を獲得するにつれ、アクセラレータなどのAI製品における今後のHBMのニーズに応えるために既存の施設を増強すると予想されている。Samsungはすでに HBM3e の注文を受けており、次世代 AI GPU での採用を検討しています。同社はDRAM部門に対して「慎重かつ積極的な」アプローチをとり、ここからの拡大を目指している。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. DDR5-6400メモリを使用したAlderLakeテストで、高レイテ…

  2. Micron ハイエンド 1β プロセス テクノロジーの 16 Gb …

  3. Samsungが密度の増加と64 ビットDRAMで容量とパフォーマンス…

  4. Samsung が 1 TB DDR5 メモリ モジュールの開発を開始…

  5. Samsung の Shinebolt、Flamebolt、Snowb…

  6. Extreme Overclockerは、エントリーレベルのDDR5-…

  7. Samsungが業界初のEUV DRAMを発表、 2021年DDR5の…

  8. Intel、韓国に先端研究施設を建設、SamsungとSK hynix…

  9. Samsungは業績不振でDDR4の生産削減を余儀なくされ、価格は急落…

  10. SamsungがDDR6メモリの開発を開始し、最大17,000Mbps…

  11. メモリ DDR5 4400MHzのデモ

  12. Samsungが高度な14nmEUVノードでDDR5メモリの量産を開始…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP