CPU

IntelがMeteor LakeとRaptor Lake CPUは、よく似た P コアと E コアのアーキテクチャを備え、Intel 4 は優れた効率向上をもたらすと発表

Intel は、 Meteor Lake のP コアと E コアはアーキテクチャ的には Raptor Lake に非常によく似ていますが、Intel 4 プロセス ノードにより効率が向上するといういくつかの改善点があることを明らかにしました。

Intel Meteor Lake Redwood Cove P コアと Crestmont E コアは、Raptor Lake の Raptor Cove P コアと Gracemont E コアに非常に似ています

Intel Meteor Lake、第 1 世代 Core Ultra CPU は 12 月 14 日に発売される予定で、同社は最近 Innovation 2023 で最新チップに関する詳細を多数発表しました。これについては、ここで取り上げました。CPU は高度なパッケージング技術、真新しいプロセス ノード、および新しいコアを利用しますが、アーキテクチャ的にも Intel の Raptor Lake CPU と非常に似ています。

ITHomeとのインタビューで、デザイン エンジニアリング グループの副社長および SOC デザイン部門のゼネラル マネージャーを務める Intel の Timothy Wilson 氏は、Meteor Lake CPU は、両方が搭載するコアの種類に関してはアーキテクチャ的に似ていることを明らかにしました。Intel が Meteor Lake チップに、コード名 Redwood Cove の新しい P コアとコード名 Crestmont の E コアを搭載していることはわかっています。

Intel Meteor Lake & Raptor Lake P-Core Architecture

Intel Meteor Lake & Raptor Lake E-Core Architecture

当初、これらのコアは、Raptor Lake のコード名 Raptor Cove の P コアやコード名 Gracemont の E コアよりも大きなアップグレードをもたらすものと考えられていましたが、設計は非常に似ているようです。実際、Raptor Cove のアーキテクチャでさえ、本質的にはコードネーム Golden Cove の Alder Lake P コアを強化したものですが、E コアは同じです。以下は次のような声明です。

前世代の Raptor Lake と比較して、Meteor Lake の P コアと E コアのマイクロアーキテクチャにはいくつかの改善があります。ただし、新しい Intel 4 プロセスを備えた Meteor Lake を導入しました。一般に、新しいプロセスを導入するときは、アーキテクチャの観点からリスクを軽減する傾向があります。安定したプロセスフローを達成したら、アーキテクチャを改善することでより大きな飛躍を遂げる傾向があります。したがって、これは私たちにとって新しい大きなノード アップデートであり、Intel 4 のエネルギー効率の利点も得られるため、コア アーキテクチャにはほとんど変更を加えず、アーキテクチャ的には Raptor Lake の E- と非常に似ています。コアと P コア。

ーTimothy Wilson (Intelの設計エンジニアリング グループ副社長兼 SOC 設計ゼネラル マネージャー) (ITHome 経由)

Timothy 氏は、いくつかのアーキテクチャの改善はあるものの、Meteor Lake の CPU は真新しいノード上に構築されているため、それほど重要ではなく、プロセスがより安定し、全体的な歩留まりが向上すると、より大きなアップグレードが行われるだろうと述べています。したがって、Intel は最初の EUV とチップレットの設計で、よりリスクの少ないルートを選択したように見えます。来年には、新しい P コアと E コアを提供し、Intel 20A プロセス ノードを利用する Arrow Lake という形で、より大きなアップグレードが行われる可能性があります。

コア自体について言えば、Intel P-Core (コードネーム Redwood Cove) は、チップ全体の効率の向上、帯域幅 (コアあたり) の増加、パフォーマンス監視ユニットの改善、Intel の Thread Director によるフィードバックの改善によって、効率的なパフォーマンスを目指しています。各 P コアは、2 MB ML キャッシュ、64 KB I キャッシュ、および 48 KB データ キャッシュを備えています。

Image Source: Intel

コードネーム Crestmont の E コアについて、Intel は、IPC、AI アクセラレーションの向上、新しく強化されたブランド予測、Intel の Thread Director の最新イテレーションによるフィードバックの改善により、以前の E コア (Gracemont) に比べて大幅な向上を主張しています。E コアは、最大 4 MB の L2 キャッシュ、32 KB データ キャッシュ (ECC 付き)、および 64 KB I-キャッシュを備えています。

Image Source: Intel

また、SoC タイル内には同じ Crestmont E コアの低電力バージョンが組み込まれており、非 LP E コアは効率的なマルチスレッド パフォーマンスを提供しながら、最大限の効率を得るために使用されます。また、アーキテクチャの変更はそれほど大きくありませんが、Intel 4 プロセス ノード自体が全体的な電力効率の点で大幅な向上につながっていることにも言及しています。ZDNetによると、Meteor Lake CPU は、今年後半までに、AIO や構築済みデスクトップ PC デザインを含むさまざまなラップトップやモビリティ フォーム ファクターで発売される予定です。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Ryzen 5 7600X 6コア 4.4GHz「Zen4」デ…

  2. AMDのSmartShiftとは?

  3. AMDが次世代AM5プラットフォームの寿命について語り、そして、Ryz…

  4. Intel Tiger Lake L3 cache増量と新命令

  5. AMD Ryzen用チップセットドライバー更新

  6. Intelのコードネーム!?

  7. AMD Ryzen Threadripper 5000 Chagall…

  8. Intel Tiger Lakeの「Core i7-1165G7」4コ…

  9. AMD Ryzen 7 4700G Renoir APUとVega 8…

  10. 今後のRadeonは、CES2018より

  11. Intel Arrow Lake CPU が Core Ultra 2…

  12. IntelのRocket Lake CPUが5.0 GHzにブースト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP