GPU

NVIDIA は次世代 GPU を Intel に切り替える可能性がある

NVIDIA CEO の Jensen Huang 氏は、Chipzilla からチップに関する肯定的な結果を得た後、ジャーナリストとのQ&A セッションでGPU の製造を Intel の生産工場に移行する可能性について言及しました。

NVIDIA は AI 分野での需要拡大に対応するため、将来、GPUの生産をIntelに切り替える可能性がある

CEO の Jensen Huang氏は、NVIDIA はチップ生産の多様化を図っており、最近同社の次世代プロセス ノードを使用して構築されたインテルのテスト チップで良好な結果を得たと述べました。同氏のコメントは、AI プロセッサーの需要の急増に直面して供給を確保しようとする NVIDIA の試みと、同社が最先端の GPU を製造する台湾に拠点を置く TSMC に完全に依存していることに関するいくつかの問い合わせを受けたものである。

ご存じのとおり、当社はSamsungでも製造しており、Intelでの製造にも前向きです。パット(ゲルシンガー)氏は過去に、我々はプロセスを評価していると述べており、最近我々は次世代プロセスのテストチップの結果を受け取りましたが、結果は良好であるようです。

―NVIDIA CEO、 Jensen Huang ( Tomshardware )

Intelは現在、業界でこれまでに見られたものとは異なる命名スキームを持ついくつかの異なるチップの開発に取り組んでいます。昨年の同社のロードマップで明らかにされたように、チップはIntel 4、Intel 3、20A、18A、および追加のノードをベースとしています。Huang氏は、どの製造ノードが検査されたのか、あるいはテストチップの結果がNVIDIAのアーキテクチャ設計を採用したシリコンからのものなのかについては言及しなかった。

台湾と中国の間の緊張が高まる中、NVIDIA はサプライチェーンの中断を避けるためにIntelへの移行を検討せざるを得なくなるかもしれない。TSMCとIntelはどちらも米国に拠点を置く工場を建設中だ。ただし、競争市場を考慮すると、TSMCは米国でのみ古い 5nm プロセスを生産しますが、NVIDIA の場合は異なります。Intel は高度なノードを提供することで、ここで優位に立つ可能性があります。

生成 AI により GPU 市場が急成長すると予想されているため、NVIDIA は将来の製造を支援する信頼できるビジネス パートナーを必要としています。Intel は、高い需要に応えるという NVIDIA の要件を満たすために生産を拡大する必要があります。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. NVIDIA が Blackwell GPU を数百万個出荷、TSMC…

  2. Maxon、Redshift に AMD Radeon Pro GPU…

  3. 世界のスーパーコンピューターTop500のリストでは、AMDが121台…

  4. NVIDIA AI GPUの需要が爆発的になりチップ価格は40%上昇し…

  5. NVIDIA Hopper H100 GPUが世界最速の4nm GPU…

  6. Intelの次世代 Falcon Shores GPU は最大 150…

  7. NVIDIAとIntelは、Hopper H100 GPUと第4世代 …

  8. NVIDIA Computex 2023について、AI、強力な GH2…

  9. NVIDIA CEO が日本の首相と会談、AI GPU の供給拡大に取…

  10. Gigabyte のServer「電力消費」ロードマップで、2025 …

  11. Micron と NVIDIA の H200 AI GPU 提携が H…

  12. AMD Radeon RX 7000 & Ryzen 700…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP