電源

FSPは、デュアル Gen5 コネクタ、SFX-L フォーム ファクター、最大 2500 Wなど新しい ATX 3.0 PSU を発表

FSP は、最新の PCIe Gen 5.0 コネクタを備えた最大 2500 W ユニットを含む最新の ATX 3.0 PSU ラインナップを発表しました。

FSP が史上最大の ATX 3.0 PSU である 2500W Cannon Pro と最小の ATX 3.0 PSU である 1200W Dagger Pro L を披露

FSP ブースには大量の PSU が展示されており、最もエキサイティングな PSU の 1 つは、150 x 150 x 86 mm の標準 ATX 3.0 製品である「Anemoi」でした。これは PCIe Gen 5 コネクタを備えた 1000W PSU ですが、ユニークな点は、ユニット内に最適なパフォーマンスを提供する高度な冷却ソリューションを実現する複数のアルミニウム製ヒートシンク フィンが追加されていることです。PSU は 80 Plus Platinum と評価されており、内部アセンブリは非常に優れています。これをクリアシュラウドのデザインで見られるようになればいいのにと思います。

次の PSU は、エッジ コンピューティング、サーバー、およびワークステーション システム用に設計された 150 x 200 x 86 mm の巨大なユニットである巨大な FSP Cannon Pro です。このユニットには 2 つの PCIe Gen 5.0 コネクタも収容されており、拡張 ATX フォーム ファクタで提供されます。この PSU は、最大 450W の定格 TGP を持つ最大 4 枚の NVIDIA GeForce RTX 4090 グラフィックス カードをサポートできます。PSU には Gen 5.0 コネクタが 2 つしかありませんが、アダプタ ケーブルを介して GPU に最大 900 W の電力を供給できる PCIe コネクタも 6 つあります。

FSP はまた、同じ 150 x 180 x 86 mm シャーシと 80 Plus Platinum デザインにデュアル PCIe Gen 5.0 コネクタを備えた新しい 1650W ユニットでHydro PTM PROをアップグレードしています。Mini-ITX ユーザー向けに、同社は 80 PLUS Platinum 評価と 125 x 125 x 63.5 mm のシャーシ設計を備えた 1200W SFX-L 設計の Dagger Pro L を発表しました。標準のダガーには白色もあり、Gen 5.0 コネクタのバージョンもあります。

PSUに加えて、FSPはCPU用のデュアルタワーヒートシンクソリューションであるMX09クーラーも展示しました。サイズは 147 x 149 x 160 mm で、背の高い DIMM との互換性があり、中央のファンの間に十分なスペースがあるため、取り付けと取り外しが簡単です。FSP は、CPU クーラーが Noctua NH-D15 ソリューションよりも 2 ~ 3 ℃ 低い温度を提供することを明らかにしました。7本のヒートパイプ設計を採用しており、熱気を効果的に押し出すために中央に大きなギャップを備えた角張ったアルミニウムフィンアレイによって補完されています。同社は価格や入手可能性については明らかにしていないが、今後数か月以内に詳細が分かるだろう。

同社はまた、新しく刷新されたブランドスキームとVITA、ADVAN、MEGAシリーズの製品で主流の製品ポートフォリオを更新すると発表した。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. MSI PCIe Gen5対応のMEGとMPG PSUは、次世代GPU…

  2. PSU側12VHPWR電源コネクタが溶けた

  3. ASUSが、PCIe Gen5.0対応電源コネクタを備えたROG TH…

  4. ASUS、次世代ゲーミング PC 向けの ROG STRIX Aura…

  5. ATXバージョン3.0デザインガイドは、次世代GPU用最大600Wの電…

  6. MSIのATX電源 MEG Ai1300PとAi1000PはGIエンジ…

  7. Intelは、AlderLake-Sマザーボード用のより電力効率の高い…

  8. Gigabyteは、同社の最初のPCIeGen5互換電源が混乱している…

  9. MSIが、RTX 40 GPUの溶解を防ぐ12VHPWR ケーブル

  10. PCIe Gen 5.0グラフィックスカードは最大1800Wの「パワー…

  11. Cooler Master Intros V SFX-L&V1300プ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP