MB

Gigabyte Intros Z790 AORUS Xtreme X と Z790 AORUS Master Xは、Wi-Fi 7、10GbE LANと優れたヒートシンクを搭載

Gigabyte は、最新のデザインを特徴とする 2 つの新しい AORUS Z790 マザーボードである、Xtreme X と Master X を発表しました。

Gigabyte AORUS、新しい Z790 Xtreme X と Master X マザーボードには、アップグレードされたヒートシンクと10 GbE、WiFi-7を追加

Gigabyte の新しいマザーボードは、ASRock や MSI のオプションのようなアップグレードされたネットワーク接続オプションだけではありません。これらの新しいマザーボードで、Gigabyte は冷却およびヒートシンクのソリューションを更新するとともに、今年後半に予定されている Intel Raptor Lake CPU のリフレッシュを確実にサポートできるようにしています。

Gigabyte Z790 AORUS Xtreme X マザーボード

ラインナップの最初のマザーボードは、フラッグシップの Gigabyte Z790 AORUS Xtreme X で、いくつかの監視統計を表示し、GIF やビデオを実行できる新しい LCD ディスプレイを備えていることがわかります。LCD は MSI の GODLIKE のように取り外すことはできませんが、その下のヒートシンクが更新され、Intel のハイエンド第 13 世代 CPU を実行する際の冷却効果が向上したと聞いています。

もう 1 つのアップデートは、磁気ロックを備えた簡単なラッチ機構で、M.2 ヒートシンク ブロック全体と M.2 Gen5 ヒートシンクも簡単に取り外せるようになりました。M.2 Gen5 ヒートシンクも強化されており、以前のバージョンと比較するとかなり大きくなりました。ラッチ機構は非常に使いやすく、ネジを必要としないため、多くの手間が省けます。その他の仕様はZ790 AORUS Xtremeと同じです。

Gigabyte Z790 AORUS Master X マザーボード

Gigabyte Z790 AORUS Master X も、Wi-Fi 7 と 10 GbE LAN の追加など、Z790 Xtreme X と同様のアップデードがされています。どちらのマザーボードにも、より広い範囲をカバーし、磁気面を備えた新しく改良された Wi-Fi レシーバーが付属しています。M.2 ヒートシンクは再びラッチ機構を備え、磁気ロックが付属しています。このヒートシンクはわずかに更新されたバージョンでもあり、既存および今後の Intel CPU に非常にうまく対応できると聞いています。

価格と入手可能性に関しては、どちらのモデルも非X Z790バージョンよりも高くなることが予想され、発売は2023年後半になるようです。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Ryzen 7000 Zen 4 CPU 遅延は、BIOS が…

  2. ドスパラ 最新VGA GTX1070Ti 搭載ゲームミングパソコン販売…

  3. ASUS、ASRock、MSI H470、B460およびH410マザー…

  4. ASRock 第9世代Core processor新stepping対…

  5. AMD B550マザーボードがPCIe Gen 4を搭載して6月16日…

  6. AMD AGESA ファームウェアは、クライアント、サーバー プラット…

  7. Computex 2022で発表される Ryzen7000「Rapha…

  8. AMD Ryzen 5000 Zen 3デスクトップCPUはA320お…

  9. ドスパラ、Coffee Lake世代の6コアCPUを載せたゲーミングP…

  10. AMD X590チップセット?!

  11. 2021年の規格策定を目指しPCI-SIG PCI-Express 6…

  12. MSIがAMDRyzen7 5800X3D、Ryzen 5000、およ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP