CPU

Intel 14th Raptor Lake Refresh デスクトップ CPU は、最大 6.2 GHz

Intel の第 14 世代 Raptor Lake Refresh デスクトップ CPU は、第 13 世代 Raptor Lake チップと比較してクロック速度をさらに向上させることが期待されています。

Intel 第 14 世代 Raptor Lake Refreshデスクトップ CPU は 6.2 から 6.5 GHz の間の周波数へ

Moore’s Law is Dead は、 Intel の第 14 世代 Raptor Lake Refresh デスクトップ CPU ファミリに関する新しい詳細を掲載しています。これは、2023 年の第 3 四半期に発売される予定で、既存の LGA 1700 プラットフォームでサポートされる予定です。ラインナップは、デスクトップ「S」とモビリティ「HX」の両方のバリエーションで提供され、Meteor Lake-P および Meteor Lake-M ファミリと並んで配置されます。

噂によると、Intel Raptor Lake Refresh デスクトップ CPU ファミリには 8+16 を超えるコア構成は含まれませんが、主に 6+8 および 2+8 SKU 構成として販売できるいくつかの新しい SKU を搭載する予定です。 Core i5 および Core i3 階層設計。これらは、実際の起動 SKU である場合とそうでない場合があり、内部テスト ドライバーである場合があります。

リークで言及されている最も重要なことは、Intelが再びチップのクロック速度を上げることに注力するということです。最上位の Intel 第 14 世代 Raptor Lake Refresh CPU は最大 6.2 GHz までブーストされると言われていますが、最大 6.5 GHz まで動作するさらに高いビンのCPUの可能性もあります。その 6.2 GHz クロック速度は、5.8 GHz でピークに達する Core i9-13900K よりも 7% 向上し、6.0 GHz でピークに達する 13900KS よりも 3% 向上します。

  • Intel Raptor Lake Peak Clock – 5.8-6.0 GHz
  • Intel Raptor Lake Refresh Peak Clock – 6.2-6.5 GHz

これが特別な「KS」エディションのチップなのか、それとも TB 3.0 周波数の標準部品なのかはまだわかりません。より高い周波数により、IntelはAMDのRyzen 7000X3Dチップに近づくことができますが、はるかに高い電力が犠牲になります。

Intel Raptor Lake-S Refresh CPU Family – Hybrid Refresh For Q3 2023

ラインナップがマルチスレッドのパフォーマンスの点で別の向上を提供し、大規模なキャッシュを搭載する可能性があるという噂があります。噂によると、 DLVR (デジタル電圧レギュレーター)が、非リフレッシュ ファミリに期待されていたRaptor Lake Refresh チップ内に収容されることも示唆されていますが、公式の発表はまだありません。

ラインナップには、35W、65W、および 125W SKU のすべてのコンシューマーおよびエントリー ワークステーション プラットフォームが含まれます。Intel の Raptor Lake の更新は、真の次世代パーツが到着する前のEmerald Rapids-SP (Xeon プラットフォーム)のような中間的なソリューションになることがわかっています。このCPUラインナップは2023年8月頃を予定しています。

Intel は 5 月 9 日に次のビジョン イベントを開催する予定であるため、その間にデスクトップの計画について聞くことができるかもしれません。Intel はCore チップの大規模なブランド変更を計画しているため、最上位の SKU を単に Core i9-14900K / Core i9-13950K と呼ぶのではなく、非常に異なる命名スキームが見られる可能性があります。

Intel Desktop CPU Core Count Progression

FAMILY NAMETOTAL CORESTOTAL THREADSP-CORESE-CORESTOP SKU FREQUENCYYEAR
Sandy Bridge48N/AN/A3.90 GHz2011
Ivy Bridge48N/AN/A3.90 GHz2012
Haswell48N/AN/A4.00 GHz2013
Broadwell48N/AN/A3..80 GHz2014
Skylake48N/AN/A4.20 GHz2015
Kaby Lake48N/AN/A4.50 GHz2017
Coffee Lake612N/AN/A5.00 GHz2017
Coffee Lake Refresh816N/AN/A5.00 GHz2018
Comet Lake1020N/AN/A5.30 GHz2020
Rocket Lake816N/AN/A5.30 GHz2021
Alder Lake1624885.50 GHz2021
Raptor Lake24328166.00 GHz2022
Raptor Lake Refresh24328166.20 GHz?2023
Meteor Lake2228616TBD~2024
Arrow Lake2432816TBD~2024

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intelの第10世代コア「KA」シリーズプロセッサのリーク

  2. Computex2018 AMD Ryzen Threadripper…

  3. Intel Core i7-12700H CPUは、リークされたCin…

  4. AMD Ryzen 4000G Renoir APUは、日本の小売市場…

  5. Intel RocketLakeのIPCがAMDZen 3よりも悪い?…

  6. Intel Core i7-10700K 8コア&Core …

  7. AMD EPYC 7002 series Rome ラインナップ

  8. Intel Alder Lake-S 8+8 Core&Alder L…

  9. AMD Ryzen 9 7950X3D CPUは、Intel Core…

  10. Microsoftによると、Windows 11 PCは、CPU、メモ…

  11. AMD Ryzen 9 5950Xサンプルで確認、開発中のAMD 3D…

  12. AMDはRyzen AIを価値次第で製品ライン全体に拡大する

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP