CPU

Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14.5 GB/秒と最高のパフォーマンスを実現

Crucialは、これまでで世界最速のGen5 SSDであるT705シリーズを発売する予定で、ホワイトとブラックのフレーバーで最大14.5 GB/秒の驚異的な速度を備えています。

Crucialの次世代T705 SSDは第5世代ストレージ市場に衝撃を与える

PCIe Gen5 SSD セグメントは、Sabrent や MSI などの企業からの参入により加熱し始めていますが、今回 Crucial が参入して事態をさらに面白くしています。momomo_usが発見した新しい Crucial T705 は、洗練された美しさを備えた「専用」冷却機構を含むフラッグシップ仕様を備えています。

核心部分に入りますが、Crucial T705 Gen5 SSDは、シンプルなバージョンと「限定版」バージョンの2つの異なるバージョンで販売されます。後者は白いヒートシンクデザインを特徴としており、本当に見るのが楽しいものです。これらには、1 TB、2 TB、および 4 TB のオプションを備えたさまざまなストレージ構成が用意されており、消費者に幅広い選択肢のリストを提供します。

Image Credits: @Deepbluen via X

興味深い部分に移りますが、Crucial T705 Gen5 SSD は最大 14,500 MB/秒の読み取り速度を備えていることが期待されており、業界の既存製品と比較すると、まさにリストのトップに位置します。さらに、SSD には 155 万 IOPS のランダム読み取りと 180 万 IOPS のランダム書き込みも備わっており、世代の向上を考慮すると優れた選択肢になります。これは、私たちが少し前にテストしたCrucial独自のT700 Gen5 SSDと比較すると大幅な改善であり、これらの超高速ストレージ機能を可能にする新しいPhison E26 max14umコントローラーを利用しているはずです。 CrucialはこのSSDを正式にリストしていないことに注意することが重要です。したがって、最終仕様にいくつかの変更が見られる可能性がありますが、それが起こるかは疑わしいです。 DRAM キャッシュの詳細など、不明な詳細がいくつかありますが、将来的に明らかになることが期待できます。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. ASUS AMD TRX40 MBを準備へ

  2. パソコン工房 NVIDIA GeForce GTX 1060[6GB]…

  3. AMD Ryzen 7000 Zen 4 CPU 遅延は、BIOS が…

  4. AMD AGESA ファームウェアは、クライアント、サーバー プラット…

  5. AMD RDNA2よりも次世代のRDNA3で、W/パフォーマンスを大幅…

  6. 第13世代RaptorLakeCPU用のIntelRaptorCove…

  7. Intel Cascade Lake-X 11月25日市場へ

  8. Coffee Lake-S (Kaby Lake-R) は結局9月販売…

  9. IntelのRocket Lake CPUが5.0 GHzにブースト

  10. IntelのフラッグシップCore i9-11900K Rocket …

  11. NVIDIA PhysX 5.0は2020年に登場

  12. AMD 748,544個の Zen 2コアでヨーロッパで最も強力なスー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP