Intelは、将来のデスクトップCPUにDLVR( デジタル電圧レギュレーター)を導入する?!

Digital Linear Voltage Regulator (DLVR)は、Intelによって作成され、第13世代の CPU に搭載されることを意図した電力供給メカニズムです。このコンセプトは効率を改善することを目的としており、Intel Raptor Lake CPUで利用される予定でした。

ASUSの従業員が、Intel DLVRがRaptor Lakeに存在しないことを確認し、後の世代になる可能性があると?!

Intel DLVRは、マザーボードの電源で電圧を調整することにより、電力効率を向上させます。これは、Redditで公開された「Digital Linear Regulator Clamping Method and Apparatus」という特許で最初に発見されました。Intel DLVRは、マザーボード上のプライマリ電圧レギュレーターと連動する追加のレギュレーターとして機能することになっていました。電力レベルの制御と熱放散の改善におけるコスト効率を考慮しながら、プロセスを単純化する必要がありました。その結果、効率と管理が 20% 向上します。

Intel DLVRの特許は、標準的な方法と比較して160mVの電圧低下と25%もの電圧低下を示していました。

Intelの第13世代 Raptor Lake CPUは、新しいDLVR設計を最初に利用すると予想されていましたが、開発の途中でバイパスモードに融合されました。ASUSが最新のROG Z790/Z690マザーボードにこのオプションを残したのは、将来のCPUがまだDLVRを使用する可能性があると予想しているからです。BIOS機能には「CPU DLVR Bypass Mode Enable」というラベルが付けられていますが、システムで顕著な改善が行われるようには見えません。

Image source: JohnAb via VideoCardz.

ASUS の従業員で同社のオーバークロックスペシャリストである”Shamino”は、サポートがあったことを確認していますが、現在、実際にそれを利用できるデスクトップCPUはありません。他の2つのボードメーカーは、DLVRがRaptor Lake CPUの開発の早い段階で削減される前に、実際にデスクトップセグメントへの道を進んでいたと語っています。この技術は主にモバイルチップにのみ有益であり、デスクトップスペースに登場する前に初めて発売される可能性があります。

将来的にDLVRをサポートする具体的なアーキテクチャは不明です。Meteor Lakeに実装されるかどうかを特定するIntelからの情報はありません。第14世代のMeteor Lake CPU は、第15世代のArrow Lake CPUラインナップとも互換性のある最新のLGA 1851ソケットを利用します。

Image source: Intel via VideoCardz

または、最近噂されているRaptor Lake Refreshで、アクセスできないプロセスがより早く来るでしょう。その詳細は不明であり、Intel DLVRの将来を知るために、さらなる情報がリリースされるのを待つ必要があります。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)