CPU

AMD 7nm Zen2 第3世代Ryzen

AMDはCES 2019にて、7nmプロセスでZen 2アーキテクチャを採用した第3世代RYZENのサンプルチップを公開しました。今回、公開されたチップは8コア/16スレッドです。右上の小さい方が8コア/16スレッドのCPUダイで、左側の大きい方がI/Oダイになります。

残念ながら今回の発表では16コア/32スレッドモデルの有無について言及はありませんでした。

AMDは省電力についてもアピールしており、Core i9-9900Kと第3世代RYZEN、どちらも同時に完走する設定でCinebench R15を走らせると、i9-9900Kが179.8Wなのに対して、第3世代RYZENは133.4Wで完走するとのことです。

 

関連記事

  1. Linux向けのIntel 13th RaptorLake CPUの最…

  2. Computex2018 Intel 28コアのHEDT向けCPU 「…

  3. AMDの目標、第2世代EPYC CPUで2020年第2四半期までにサー…

  4. 次世代ゲーミンググラフィックスカードは、4月のGTCで発表予定 命名は…

  5. Intel 8コア/16スレッドのCPUは、3.10GHz~?!

  6. AMD スモールファクター用CPU追加!

  7. AMD CES 2021イベントでRyzen 5000 Zen3モビリ…

  8. Intel Core i9-13900K Raptor Lake CP…

  9. Intel Core i9-9990XE ベンチマークスコア

  10. インテル第10世代Comet Lake-Hシリーズ最大8コア、5.3 …

  11. NVIDIAが来月「Turning」を発表?!

  12. Computex2018 AMD 「Zen 2」世代のEPYC製品投…

PAGE TOP