Intel Core i7-13700K 16コア 5.3GHz Raptor Lake CPUのベンチマークは、i7-12700Kよりも最大17%速く、Ryzen 9 5950Xより高速

Intel Core i7-13700K Raptor Lake CPUベンチマークがGeekbench5内でリークし、3つの第13世代「Kシリーズ」SKUすべてのパフォーマンス数値がありました。

Intel Core i7-13700K Raptor Lake 16コア5.3GHzクロックCPUのベンチマークは、AMD Ryzen 9 5950X 16コアを超える

Intel Core i7-13700K CPUは、Raptor Lake CPUラインナップの中で提供される最速の第13世代Core i7になります。このCPUは、合計16コア/24スレッドを搭載しています。この構成は、Raptor Coveアーキテクチャに基づく8つのPコアと、GraceMontコアアーキテクチャに基づく8つのEコアで可能になります。CPUには、30MBのL3キャッシュと12MBのL2キャッシュが付属しており、合計で42MBのキャッシュがあり、3.4GHzのベースクロックと5.30GHzのブーストクロックで動作していました。CPUは、5289MHzの最小クロック速度と最大5381MHzの最大クロックを示しました。

Intel 12th Gen Alder Lake-S & 13th Gen Raptor Lake-S Desktop CPU Comparison (Preliminary)

CPU NameP-Core CountE-Core CountTotal Core / ThreadP-Core Base / Boost (Max)P-Core Boost (All-Core)E-Core Base / BoostE-Core Boost (All-Core)CacheTDPMSRP
Intel Core i9-13900K81624 / 32TBA / 5.5 GHz?TBATBATBA36 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i9-12900K8816 / 243.2 / 5.2 GHz5.0 GHz (All Core)2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz (All Core)30 MB125W (PL1) 241W (PL2)$599 US
Intel Core i7-13700K8816 / 24TBA / 5.2 GHz?TBATBATBA30 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i7-12700K8412/203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz (All Core)2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz (All Core)25 MB125W (PL1) 190W (PL2)$419 US
Intel Core i5-13600K6814 / 20TBA / 5.1 GHz?TBATBATBA21 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i5-12600K6410/163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz (All Core)2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz (All Core)20 MB125W (PL1) 150W (PL2)$299 US

同じプラットフォームで実行されているが、ASRock Z690 Steel LegendのDDR5搭載可能製品を使用し、マルチスレッドパフォーマンスの点ではるかに高いスコアを示す新しいエントリが見つかりました。CPUは、すべてのコアで5.3 GHzを超えて実行されていることがわかり、最大マルチスレッドスコア19,811ポイントを提供します。これは、DDR4エントリと比較して20%の向上です。また、Intel Core i5-13600KのDDR5ベンチマークとDDR4ベンチマークの間に+11%の改善が見られました。

したがって、新しいベンチマークの数値では、Intel Core i7-13700KはCore i7-12900Kよりも15%速く、AMD Ryzen 9 5950Xよりも20%速く、Core i7-12700Kよりも40%速く、Ryzen 7 5800X よりも92%速くなります。

DDR5メモリを搭載したIntelCorei7-13700K Raptor Lake CPU

CPUは、3600Mbpsの転送速度で動作する32GBのDDR4メモリを搭載したASRock Z690 Steel Legendマザーボードでベンチマークされました。パフォーマンスに関しては、Intel Core i7-13700K Raptor Lake CPUは、シングルコアで2090ポイント、マルチコアベンチマークテストで16,542ポイントを獲得しました。

DDR4メモリを搭載したIntelCorei7-13700K Raptor Lake CPU

昨日の結果と比較すると、Intel Core i7-13700Kは、シングルスレッドではIntel Core i5-13600K CPUよりも約5%速く、マルチスレッドベンチマークでは15%速くなっています。13700Kのテストには同じ標準とボードが使用されたため、比較の基礎としてDDR4ベンチマークを使用していることに注意してください。13600KのDDR5バージョンは、はるかに優れた結果を生成しますが、それでも13700Kよりわずかに遅れています。

Core i5-13600KのDDR5ベンチマークの結果は、DDR4ベンチマークと比較して、シングルスレッドで2%速く、マルチスレッドベンチマークで11%速いように見えました。そうは言っても、Core i7-13700KはCore i7-12700K CPUよりも最大17%高速であり、AMD Ryzen 9 5950Xよりも高速です。Ryzen 9 5950Xは16コア/32スレッドのパーツであるのに対し、Core i7-13700Kは16コア/24スレッドであることを考慮する必要があります。

そのため、現時点では、Intelの最もエントリーレベルのKシリーズRaptor LakeはAMD Ryzen 9 5950Xと同等であり、Core i9およびCore i7モデルのパフォーマンスは先行しているようです。これは、Intelが発売直後にZen4搭載のRyzen7000デスクトップCPUと競合する必要があることを考えると良いことです。そのため、競争力を高めるには、追加のマルチスレッドおよびシングルスレッドのパフォーマンスが非常に必要です。

フラッグシップのCore i9-13900KおよびCore i5-13600K CPUを含む Intel 第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは 、Z790プラットフォームとともに10月発売される予定です。 CPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのRyzen 7000 CPUラインナップに対抗する予定です。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)