CPU

Intelは、Adamantine L4 キャッシュで Meteor Lake CPU と Arc グラフィックス タイルを強化

Intel Meteor Lake CPU は、 Arc グラフィックス タイルを大幅に強化する最新の Adamantine L4 キャッシュを搭載した最初の製品です。

Intel Meteor Lake は、Adamantine L4 キャッシュを取得して Arc Xe-LPG グラフィックス パフォーマンスを向上

数週間前、Intel が次期第 14 世代 Meteor Lake CPU に新しい ADM L4 キャッシュを実装する作業を進めていると報告されました。新しいキャッシュは数 MB の容量で提供され、 Meteor Lake GPU の多くのタイルの 1 つであるグラフィックス タイルに搭載されている Arc Xe-LPG GPU を主な対象としています。

Intel が 2020 年に公開した特許では、Adamantine L4 キャッシュがベース タイルに配置され、インターポーザーの残りの IP とタイルにアクセスできることが言及されています。この設計は、モビリティ プラットフォームをターゲットとする Meteor Lake-M および Meteor Lake-P チップで十分に活用されます。

Coelacanth-Dream は、 Intel Arc Xe-LPG GPU が Adamantine L4 キャッシュの主な恩恵を受ける理由についても説明しています。Phoronixによって発見された最近のパッチでは、以前の設計とは異なり、Intel Meteor Lake GPU は、以前は CPU と GPU の両方で共有されていたチップ上の LLC を利用できないことが明らかになりました。そのため、Adamantine L4 キャッシュは、グラフィック ワークロードで Meteor Lake チップのパフォーマンスを支援するために大きな役割を果たします。

Adamantine L4 キャッシュは、Redwood Cove (P コア) と Crestmont (E コア) のハイブリッド構成で構成される Compute Title (CPU コア) でも使用できるため、起動時間が短縮され、全体的に低くなる可能性があります。プライマリ DRAM へのデータの移動と比較したレイテンシ。特許には次のように記載されています。

次世代のクライアント SoC アーキテクチャでは、大規模なオンパッケージ キャッシュが導入される可能性があり、これにより新しい用途が可能になります。L4 (「Adamantine」または「ADM」など) キャッシュのアクセス時間は、ホスト CPU とセキュリティ コントローラの通信を改善するために使用される DRAM アクセス時間よりもはるかに短い場合があります。実施形態は、ブート最適化の革新を保護するのに役立ちます。リセット時に事前に初期化されたメモリが大きいハイエンド シリコンには付加価値があり、収益の増加につながる可能性があります。また、リセット時にメモリを利用できるようにすることで、従来の BIOS の想定を無効にし、ファームウェア ステージ (CPU リセット前のステージ、IBBL ステージ、IBB ステージなど) を減らして高速で効率的な BIOS ソリューションを作成し、Automotive IVI ( – 車両インフォテインメント (例: 2 秒以内にリアビュー カメラをオンにする)、家庭用および産業用ロボットなど。

-Intel Patent (Early Platform Hardening Technology For Slimmer And Faster Boot)

噂として、Moore’s Law is Dead は、 Intel が Meteor Lake CPU と Battlemage GPU の両方で使用している Adamantine L4 キャッシュを指摘しています。現在の Meteor Lake チップには 128 ~ 512 MB の Adamantine L4 キャッシュが装備されていますが、GB に拡張できることが言及されています。Intel がグラフィックス パフォーマンスを向上させたい場合、L4 キャッシュは時代の流れに沿っています。競合他社もRyzen 8000 Strix APUなどの今後の製品に独自のオンダイ キャッシュを実装する予定だからです。

Intel 第 14 世代 Meteor Lake CPU は、2023 年後半にラップトップに最初に登場する予定です。また、Chipzilla が最初のデスクトップ パーツをクライアントや OEM にサンプリングしているという報告もあります。

Intel Mobility CPU Lineup

CPU FAMILYARROW LAKEMETEOR LAKERAPTOR LAKEALDER LAKE
Process Node (CPU Tile)Intel 20A '5nm EUV"Intel 4 '7nm EUV'Intel 7 '10nm ESF'Intel 7 '10nm ESF'
Process Node (GPU Tile)TSMC 3nmTSMC 5nmIntel 7 '10nm ESF'Intel 7 '10nm ESF'
CPU ArchitectureHybrid (Four-Core)Hybrid (Triple-Core)Hybrid (Dual-Core)Hybrid (Dual-Core)
P-Core ArchitectureLion CoveRedwood CoveRaptor CoveGolden Cove
E-Core ArchitectureSkymontCrestmontGracemontGracemont
Top ConfigurationTBD6+8 (H-Series)6+8 (H-Series)
8+16 (HX-Series)
6+8 (H-Series)
8+8 (HX-Series)
Max Cores / ThreadsTBD14/2014/2014/20
Planned LineupH/P/U SeriesH/P/U SeriesH/P/U SeriesH/P/U Series
GPU ArchitectureXe2 Battlemage 'Xe-LPG'
or
Xe3 Celestial "Xe-LPG"
Xe-LPG 'Xe-MTL'Iris Xe (Gen 12)Iris Xe (Gen 12)
GPU Execution Units192 EUs (1024 Cores)?128 EUs (1024 Cores)96 EUs (768 Cores)96 EUs (768 Cores)
Memory SupportTBDDDR5-5600
LPDDR5-7400
LPDDR5X - 7400+
DDR5-5200
LPDDR5-5200
LPDDR5-6400
DDR5-4800
LPDDR5-5200
LPDDR5X-4267
Memory Capacity (Max)TBD96 GB64 GB64 GB
Thunderbolt 4 PortsTBD444
WiFi CapabilityTBDWiFi 6EWiFi 6EWiFi 6E
TDPTBD15-45W15-55W15-55W
Launch2H 2024?2H 20231H 20231H 2022

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Radeon 初期プロトタイプInstinct MI100 A…

  2. Intel、Linux で次世代 Arrow Lake および Lun…

  3. PlayStation 5 特許設計を確認

  4. Intel Core i9、Core i7、Core i5 Rocke…

  5. Intel第13世代RaptorLake CPUは、2022年第3四半…

  6. IntelのTiger Lakeプロセッサは10nm SuperFin…

  7. Intel Core i7-12700H CPUは、リークされたCin…

  8. Intel 13th Raptor Lake CPU と Z790 プ…

  9. Intelの第11世代Core i7-1185G7 Tiger Lak…

  10. AMD Ryzen 9 3900XT 12コアやRyzen 5 360…

  11. RYZEN9 X390 と Coffee Lake-S (Kaby …

  12. パソコン工房 第2 世代 Ryzen™ 5 プロセッサー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP