CPU

Intel Cascade Lake-SPは、LGA4189へ

現在、Intelのサーバープラットフォームには「Skylake-SP」が投入済みですが、その次の世代として「Cascade Lake-SP」がスタンバイしている。Power Stamp Alianceが「Cascade Lake-SP」のさらに先の話を明らかにしました。同AlianceのメンバーであるBel Power Solitionが「Cascade Lake-SP」のさらに次となる「Ice Lake-SP」についてです。「Ice Lake-SP」では新しいSocketとなるLGA4189が用いられるようです。現行のSocketはLGA3647で、次の「Cascade Lake-SP」まで採用され、その次の「Ice Lake-SP」でLGA4189に切り替わります。資料によると電源pinの実装はLGA4189とLGA3647で互換性があり、アダプタを介することにより互換性を保つという。ただし、これはCPUそのものに互換性は無いです。要注意。Power Stamp AlianceがプラットフォームのDC-DC converterを扱う集まりであるため、ここで出る話題も電源供給の話に絞られます。その電力に関連するものが、次の「Cascade Lake-SP」では165~205Wまでが想定され、現在の「Skylake-SP」と同等であります。「Ice Lake-SP」になると230Wまでが想定されるようで、この世代になると新しいOmni PathやオンパッケージFPGAなども盛り込まれる見込みで、それに対応すべく電力供給可能量も引き上げられるとみられます。「48V-to-PoL Power Stamp DC-DC Converter」という資料に「Ice Lake-SP」プラットフォームが描かれていますが、ここで描かれている「Ice Lake-SP」は、8channelメモリコントローラを有するものとなってします。現行の6channelメモリコントローラも重厚な構成であるが、この通りなら「Ice Lake-SP」はより重厚になりそうです。

関連記事

  1. パソコン工房 第2 世代 Ryzen™ 5 プロセッサー…

  2. Intel Alder Lake CPUは大小のデザインを備えた「ハイ…

  3. AMDはRyzen7 5700X、Ryzen 5 5600、Ryzen…

  4. Intel Coffee Lake-S Refresh i9-970…

  5. 第3世代AMD Ryzen Threadripper用ASUS TRX…

  6. AMD B550来年リリース予定も未確定

  7. AMD Ryzen 5000G Cezanne デスクトップAPUのR…

  8. Intelの10nmプロセスは―

  9. Intelの待望のRocket Lake CPUは2021年3月販売開…

  10. AMDが10月8日に次世代Ryzen 4000「Vermeer Zen…

  11. Intel Rocket Lake Iris Xe GPUは、3DMa…

  12. Intelが6月にもCoffee Lake-Sに8コア製品を投入?!

PAGE TOP