Intel 13th Raptor Lake Core i9-13900K 初期サンプルを確認、最大32スレッド、1.8 GHzクロックでAVX-512サポートなし

Intel第13世代Raptor Lake Core i9-13900KCPUがIntel GFX CI内で発見され、最大32のスレッドを提供します。

Intelの第13世代Raptor Lake Core i9-13900K ES CPU、最大32スレッド

最新のエントリはIntel独自のBootlog内からのものであり、このチップは、おそらく、今年後半に発売が予定されている第13世代Raptor Lake-SデスクトップCPUに見られるフラッグシップ構成です。同様のサンプルが以前にリークしているのをすでに見ていますが、最新のエントリはCoelacanth-dreamによって発見されました。

想定されるIntel Core i9-13900K Raptor Lake-SデスクトップCPUは32スレッドを備えており、以前の情報から、このCPUは24コアで、8コアはPコアとして残りますが、Eコア数は2倍の16になります。全体として、これはコアの50%の改善と、スレッド数の33%の改善を示します。また、DDR5メモリを使用するRPL-S ADP-S DDR5 UDIMM CRBリファレンスプラットフォームで実行され、達成された最高クロックは1.8GHzです。

これは、初期のAlder Lake CPUが同じ周波数で動作しているのを見てきたが、最終的に5 GHzを超えるクロックを提供するようになったため(5.5 GHz Core i9-12900KSも開発中)、初期のエンジニアリングサンプルであると予想されます。Intel GFX CIの特定のエントリを以下に示します(クレジット:Coelacanth-dream)

  • <6>[ 0.000000] DMI: Intel Corporation Raptor Lake Client Platform/RPL-S ADP-S DDR5 UDIMM CRB, BIOS RPLSFWI1.R00.2397.A01.2109300731 09/30/2021
  • <6>[ 0.000000] tsc: Detected 1800.000 MHz processor
  • <6>[ 0.000000] tsc: Detected 1804.800 MHz TSC
  • <6>[ 0.784998] x86: Booting SMP configuration:
  • <6>[ 0.785013] …. node #0, CPUs: #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31
  • <6>[ 0.895973] smp: Brought up 1 node, 32 CPUs
  • <6>[ 0.895973] smpboot: Max logical packages: 1
  • <6>[ 0.895973] smpboot: Total of 32 processors activated (115507.20 BogoMIPS)
  • <6>[ 0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x001: ‘x87 floating point registers’
  • <6>[ 0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x002: ‘SSE registers’ <6>[ 0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x004: ‘AVX registers’
  • <6>[ 0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x200: ‘Protection Keys User registers’
  • <6>[ 0.000000] x86/fpu: xstate_offset[2]: 576, xstate_sizes[2]: 256
  • <6>[ 0.000000] x86/fpu: xstate_offset[9]: 832, xstate_sizes[9]: 8
  • <6>[ 0.000000] x86/fpu: Enabled xstate features 0x207, context size is 840 bytes, using ‘compacted’ format.。

その他の詳細は、Intelの第13世代Raptor Lake-S CPUがAVX-512サポートなしで提供されることを示しています。これは、Intelがマザーボードメーカーに新しいBIOSをリリースさせることにより、現在の第12世代Alder Lake-S CPUの無効化も開始したものです。それ以外に、最初の第13世代Raptor Lake有効化パッチがまもなくLinuxに向けられます。

Intelの第13世代Raptor Lake CPUファミリについて

Intel Alder Lake-S第12世代Coreファミリに代わる、Intel Raptor Lake-Sラインナップ は第13世代Coreファミリの一部となり、2つのまったく新しいコアアーキテクチャを備えています。これらのアーキテクチャは、パフォーマンスコアとしてRaptor Coveを備え、効率コアとして機能する拡張Gracemontコアを備えています。

Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUのラインナップと構成

以前にリークされたデータによると、ラインナップは最近の電力推奨でリークされた3つのセグメントで構成されます。これらには、125W、65Wの主流SKU、および35Wの低電力SKUと評価された「K」シリーズの愛好家のSKUが含まれます。トップエンドについては、最大24コア、続いて16コア、10コア、4コア、2コアを搭載します。SKUの詳細は次のとおりです。

  • Intel Core i9 Kシリーズ(8ゴールデン+ 16グレース)= 24コア/ 32スレッド/ 36 MB
  • Intel Core i7 Kシリーズ(8ゴールデン+ 8グレース)= 16コア/ 24スレッド/ 30 MB
  • Intel Core i5 Kシリーズ(6ゴールデン+ 8グレース)= 14コア/ 20スレッド/ 24 MB
  • Intel Core i5 Sシリーズ(6ゴールデン+ 4グレース)= 14コア/ 16スレッド/ 21 MB
  • Intel Core i3 Sシリーズ(4ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 8スレッド/ 12 MB
  • Intel Pentium Sシリーズ(2ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 4スレッド/ 6 MB

熱狂的な125W Intel Raptor Lake-SデスクトップSKUは、最大8つのRaptor Coveコアと16のGracemontコアを備えたCore i9モデルは、合計24コアと32スレッドです。IntelのCore i7ラインナップは16コア(8 + 8)で構成され、Core i5モデルは14コア(6 + 8)と10コア(6 + 4)で構成され、最後に4コアを搭載するCorei3モデルがあります。ただし、効率コアはありません。ラインナップには、Raptor Coveコアが2つしかないPentium SKUも含まれます。すべてのCPUは、32 EU(256コア)の拡張Xe統合GPUを備えています。特定のCorei5およびPentiumも、24EUおよび16EUiGPUで構成されます。

Intel 12th Gen Alder Lake-S & 13th Gen Raptor Lake-S Desktop CPU Comparison (Preliminary)

CPU NameP-Core CountE-Core CountTotal Core / ThreadP-Core Base / Boost (Max)P-Core Boost (All-Core)E-Core Base / BoostE-Core Boost (All-Core)CacheTDPMSRP
Intel Core i9-13900K81624 / 32TBA / 5.5 GHz?TBATBATBA36 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i9-12900K8816 / 243.2 / 5.2 GHz5.0 GHz (All Core)2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz (All Core)30 MB125W (PL1) 241W (PL2)$599 US
Intel Core i7-13700K8816 / 24TBA / 5.2 GHz?TBATBATBA30 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i7-12700K8412/203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz (All Core)2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz (All Core)25 MB125W (PL1) 190W (PL2)$419 US
Intel Core i5-13600K6814 / 20TBA / 5.1 GHz?TBATBATBA21 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i5-12600K6410/163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz (All Core)2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz (All Core)20 MB125W (PL1) 150W (PL2)$299 US

Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUプラットフォームの詳細

その他は、コアCPU用のIntel独自の「ゲームキャッシュ」としてブランド化されるより大きなL2キャッシュが含まれ、クロック速度は200 MHzのブーストクロック向上しているため、Alder Lake-SデスクトップCPUの5.3GHzで最高を考慮して最大5.5GHzのブーストクロックを期待できます。

Intel Raptor Lake-Sチップは、レポートが示唆するように、DDR4メモリのサポートを維持するとともに、最大5600 Mbps(6500 Mbps LPDDR5(X))のより高速なDDR5メモリ速度もサポートします。これらのSKUに構成される3つのメインダイは、8つのCoveコアと16のAtomコアで構成される上部の「ラージ」ダイ、8つのコアと8つのアトムコアで構成される「ミッド」ダイ、そして最後に、 6つのCoveコアがあり、Atomコアがない「スモール」ダイ。Intel Raptor LakeのラインナップはLGA1700ソケットと互換性がありますが、1800のすべてのコンタクトパッドを利用し、AMDのZen4搭載のRyzen7000のラインナップと競合します。Intelによる2022年半ばまでの詳細情報を期待してください。

Intel Mainstream Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores/Threads (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge (2nd Gen)32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge (3rd Gen)22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell (4th Gen)22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell (5th Gen)14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake (6th Gen)14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake (7th Gen)14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (8th Gen)14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (9th Gen)14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake (10th Gen)14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake (11th Gen)14nm8/1635-125W500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake (12th Gen)Intel 716/2435-125W600 SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02021
Raptor Lake (13th Gen)Intel 724/3235-125W700-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake (14th Gen)Intel 4TBA35-125W800 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2023
Arrow Lake (15th Gen)Intel 4?40/48TBA900-Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2024
Lunar Lake (16th Gen)Intel 3?TBATBA1000-Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake (17th Gen)Intel 3?TBATBA2000-Series?TBADDR5?PCIe Gen 6.0?2026

(Source:wccftech)

関連記事