Intelは2022年第1四半期にAlderLake-SとAlderLake-P vPROモデルをリリースする?!

(Source:wccftech)

匿名の情報源がハードウェアサイトVideoCardzに連絡し、2022年の第1四半期にリリースされるIntelの情報を提供しました。Tiger LakeとRocket Lakeのリリースが示されているほか、ロードマップにはハイブリッドAlder Lake-SデスクトップとAlder Lake -PモバイルVpro CPUがありました。

これらの2つのハイブリッドAlder Lake V PROバージョンについて、通常の消費者やゲーマー向けではなく、企業向けに作成されています。2つのハイブリッドは、次のシリーズの発売まで最大15か月間、リモート設定とより高いレベルのセキュリティから管理する有効性を提供します。Alder Lake-Sデスクトップモデルの仕様は、16コア(8 + 8コア)であるまったく同じコアセットを共有し、モデル番号i9-12900Kの24スレッドは、以前に情報がリリースされています。Alder Lake-Pモバイルモデルは14コアを提供しますが、コアを6 + 8で分割し、ワークロード中のユーザー効率と生産性を向上させます。

Alder Lakeシリーズは、最初にリリースされたとき、CPUのハイブリッドテクノロジーへのIntelの最初の進出でした。それ以来、TigerおよびRocket Lake CPUを使用して、ハードウェアに基づくスケジューリング、設計の最適化、エネルギーを意識したコアパーキングなど、ハイブリッドテクノロジーの利用を今後も継続していきます。

I / Oに関しては、Intel第12世代Alder Lake CPUラインナップは、PCIe Gen5とPCIe Gen 4の両方のサポート、Intel WiFi 6E(Gig +)、およびThunderbolt4のサポートをしています。メモリについては、Alder Lake CPUには、デスクトッププラットフォーム用のDDR5 / DDR4からモビリティプラットフォーム用のLPDDR5 / LPDDR4までの幅広いオプションが付属します。Alder Lake Desktopプラットフォームも、ATX12VO電源コネクタ標準を採用する 予定です。

—WccftechのシニアハードウェアエディターであるHassanMujtaba

VideoCardzにリークされた情報は、vPROモデルがWindows 10でサポートされることを示していますが、特に2022年までは、Windows10が置き換えられた後もWindows11のサポートがさらに維持されるかどうかは不明です。Windows 11との互換性に関する新しい情報がリリースされたため、Microsoftが改良されたWindows OSをリリースすると、サポートが提供される可能性があります。