Intel Core i7-11700 CPU Rocket Lake-S QSレビューでベンチマークリーク

(Source:wccftech)

Intel Core i7-11700のQSサンプルの初期のレビューは、Odd TechReviewによりリークされました。このレビューは、Intelの今後のRocket Lakeプロセッサを最初に見たものの1つです。これは非最終的なBIOSとマイクロコードで使用されるQSサンプルなのです。これを最低限のパフォーマンスレベルとして考慮することはできますが、最終バージョンのリリース時に異なるパフォーマンスを期待できます。すべてのリークと同様に、さらなる確認が必要になります。

Intel Core i7-11700 QSサンプルCPUのレビュー、3.8GHzでクロックされ、ゲームではRayzen 5800Xとの比較も僅差で敗れる


最初に、Cinebench R20スコアがあります。これは、コンピューティングベンチマークの基本と考えてください。これは、任意のプロセッサの絶対的な生のパフォーマンスをテストします。Intel Core i7-11700 QSは、Ryzen 5800Xのギャップを非常に大きく埋めます。しかし、Core i7-10700は約12%劣ります。Intelの部分がAMD(14nm対7nm)の背後にある完全なプロセスの1つであり、Rocket Lakeアーキテクチャのパワーを実際に示していることを考えると、これらは非常に印象的な結果です。

Cinebench R15も同様のストーリーで、Core i7-11700QSが2231ポイントで再びギャップを埋めています。そして、geekbench好きために、geekbenchの情報があります!次は、ゲームのスコアです。Core i7-11700はここではるかに優れたパフォーマンスを発揮し、実際にはRyzen 5800Xと打撃を交換します。勝つものと負けるものがありますが、RX5800Xがかなり大きな差でリードしているHitman2から始めましょう。Unigine Superposition 1080p Extremeベンチマークでは、Core i7 11700 QSはRyzen 5800Xとほぼ同じように動作しますが、この構成はGPUにバインドされており、CPUに完全に依存しているわけではないことに注意してください。Shadow of the Tomb Raiderでは、Intel Core i7-11700QSがGPUFPSで主導権を握っていますが、CPUFPSでは主導権を握っていません。これは矛盾した状況であり、何が原因であるかは完全にはわかりません。GPU(および他のすべての構成)は同じであるため、これは、Intelビルドの一部がGPUの高速化を支援していることを意味している可能性があります。ダート5では、Intel Core i711700がRyzenの部分を5フレーム上回っています。参考までに、このグラフはゼロから始まっていないため、距離が誇張されているように見える場合があります。最後に、IntelパーツのCPUスコアが実際にはRyzen 5800Xよりもわずかに高い3DmarkTimespyベンチマークがあります。これらのベンチマークは11700のQSサンプルを示していますが、最終的なBIOSと改訂によりこれらの数値が改善される可能性があり、これはすべてのコアを最大3.8GHzブーストするRocket Lakeサンプルであることに注意してください。これは、Intel 14nm CPUの超低スコアです。11900Kのフラッグシップが到着すると(すべてのコアで5 GHz近くに達する可能性があります)、まったく異なるストーリーを描くはずです。おおよそ、AMD Ryzen 9 5950Xを打ち負かすと考えられています。