Intel Tiger Lakeの「Core i7-1165G7」4コアCPUパフォーマンスが、AMDのRenoir 8コアフラッグシップと同等に Xeグラフィックスが競合他社の脅威に

(Source:wccftech)

Intel Tiger Lake CPUが3DMarkデータベース内で報告されてからわずか1週間後に、別のCore i7-1165G7 10nm CPUがベンチマークされました。これは、以前に見た結果と比較してパフォーマンスが著しく向上していました。ベンチマークは、グラフィックパフォーマンスの向上だけでなく、Intelの4コアのTiger LakeがAMDの8コアのRenoirと同等であるところまでCPUパフォーマンスが向上していることを示しています。

Intel Tiger Lake Core i7-1165G7が再びベンチマークを取得、CPUとGPUのパフォーマンスは驚くべき結果に

このリストは、Intel Core i7-1165G7 Tiger Lake CPUの結果を提供するだけでなく、Ryzen 4000 ‘Renoir’ APUと比較したテックリーカーであるRogameによって発見されました。IntelのCore i7-1165G7は新しい10nm + Willow Cove CPUアーキテクチャに基づいており、AMDの7nm Vega GPUと競合するXe GPUベースのグラフィックチップも搭載しています。CPUは2.8 GHzのベースクロックを保持していますが、以前にリークされたベンチマークとは異なり、4.4 GHzのクロック速度が見られます。前の結果の4.7 GHzのリストは、Core i7-1065G7の最大クロック速度が3.90 GHzであり、Intelが直後にCore i7-1165G7で4.70 GHzクロック速度を確認したことを考えると少しずれているように見えました。なので、4.4 GHzの最大ブーストクロックがより現実的に見えるだけでなく、少なくともこのベンチマークでは、ブーストも正常に機能しているということのようです。

Core i7-1165G7 Tiger Lakeチップは、このCPUのパフォーマンスに間違いないメインの議論に参加し、3DMark 11物理テストで11879ポイント、3DMark 11グラフィックテストで6873ポイントを獲得し、全体のスコアは7370ポイントです。以前のリークと比較すると、これはCPUパフォーマンスの点でほぼ50%向上しています。GPU側のパフォーマンスが先週のリーク結果と比較して10%向上しているため、今回はCPU側だけが優れています。前作のCore i7-1065G7と比較すると、Core i7-1165G7は、CPUで約25%の向上とグラフィックスパフォーマンスで約50%のパフォーマンス向上を提供するようです。Intelの既存のCPUラインアップとの比較は素晴らしいように見えますが、AMDの第3世代Ryzen 4000「Renoir」APUに対するパフォーマンスはどのようになっていますか?

Intel Tiger Lake vs AMD Renoir Mobility CPU Comparisons

CPU Family NameIntel Tiger Lake-UAMD Renoir U-Series
Family BrandingIntel 11th Gen Core (U-series)AMD Ryzen 4000 (U-Series)
Process Node10nm7nm
CPU Core ArchitectureWillow CoveZen 2
CPU Cores/Threads (Max)4/88/16
Max CPU ClocksTBD (Core i7-1185G7)4.2 GHz (Ryzen 7 4800U)
GPU Core ArchitectureXe Graphics EngineVega Enhanced 7nm
Max GPU Cores96 EUs (768 cores)8 CUs (512 cores)
Max GPU ClocksTBD1750 MHz
TDP (cTDP Down/Up)15W (12W-28W)15W (10W-25W)
LaunchMid 20202020-03-01 00:00:00

Intelの10 nm Tiger LakeとAMDの7 nm Renoir CPU

前のテストで使用したのと同じRyzen 7 4800Uと比較すると、Core i7-1165G7は11917ポイントに対して11879ポイントのスコアと同等です。これらは非常に異なるコア構成のチップであることを考えると、これはかなりのCPUパフォーマンスです。Intel Core i7-1165G7は10nm +プロセスノードに4コアと8スレッドを備えていますが、Ryzen 7 4800Uは7nmプロセスノードに8コアと16スレッドを備えています。グラフィックパフォーマンスに関して、Ryzen 7 4800Uは、7nm Vegaグラフィックエンジンの更新にもかかわらず、同じベンチマークで13%のリードを獲得した新しいIntel Xeグラフィックアーキテクチャに遅れをとっているようです。さらに印象的なのは、同じグラフィックススコアがIntel Xe統合GPUをオーバークロックされたNVIDIA MX350ディスクリートGPUよりも高速にしたことです。

しかし、Core i7-1165G7との真の競争はRyzen 7 4800Uではなく、Ryzen 7 4700Uは、Tiger Lakeラインナップのフラグシップ部分がRyzen 7 4800UまたはとらえどころのないRyzen 9に対抗するCore i7-1185G7であることを考慮しています。 Ryzen 7 4800Uを100 MHzブーストする4900Uですが、どのラップトップでもまだ動作していません。Ryzen 7 4700U 15Wと比較すると、Intel Core i7-1165G7は、8コア/ 8スレッドの競合製品よりも13.4%高速であり、Renoir APUより最大27%優れたグラフィックス出力を備えています。

Intel Core i7-1165G7 Tiger Lake 10nm CPU 28WとAMD Ryzen 7 4800U Renoir APU 25W(画像クレジット:Rogame):

Intel Core i7-1165G7 Tiger Lake 10nm CPU 28WとAMD Ryzen 7 4700U Renoir APU 15W(画像クレジット:Rogame):

重要なTDPの数値については、Core i7-1165G7は28Wでテストされました。Ryzen 7 4800Uがデフォルトの15W TDPに固執していたか、最大25Wまで設定可能なTDPに固執しているかは報告されていません。いずれにせよ、これは、初期のCPUと起動間近のCPUとの間でどの程度のパフォーマンスの変化が見られるかを示すために始まります。これは、初期テスト結果が仕様の観点から何を期待するかを示す重要な指標であり、多くの場合、今後のチップで予想できるクロックまたは構成のタイプを示す可能性があるため、まったく役に立たないという意味ではありません。

Intelの10nm Tiger Lake CPUは、この夏、幅広い種類の次世代ノートブックおよびラップトップに搭載される予定です。インテルはすでに新しい第11世代ノートブックファミリーのプロモーションキャンペーンを開始しており、間もなく発売が本格化することは間違いありません。