CPU

AMD デスクトップ CPU ロードマップリークし、Ryzen 7000 3D V-Cache は 2023 年初頭、Threadripper 7000 & Ryzen 7000G は 2023 年下半期

Ryzen 7000 “Zen 4” 3D V-Cache パーツと次世代の Threadripper および APU を示す、AMD デスクトップ CPU ロードマップとされるものがリークされました。

AMDのデスクトップロードマップがリークし、Ryzen 7000 3D V-Cacheは2023年初頭、ThreadripperとAPUのアップデートは2023年後半

ロードマップは、AMD Ryzen 7000 の発売イベント中に表示されると言われ、Threadripper、Ryzen CPU、および Ryzen APU に及ぶデスクトップCPUのみをカバーしています。AMDは、2022年から2023年に各ラインナップに対して1つの特定のアップデートを計画しているようです。最初の最も明白なものは、9月27日から正式に利用可能になったRyzen 7000またはZen 4 CPUラインナップです。

ファミリの次のメジャーアップデートは、言及されているX3Dか 3D V-Cacheの形で提供されますが、これらのチップは 2023 年初頭に滑り込む可能性があるようです。他の2つの更新は、ロードマップには記載されていませんが、Threadripper と Ryzen APU のラインナップの更新です。

Ryzen 7 5800X3D は、市場で最高のゲーミング プロセッサです。V-Cacheテクノロジーが私たちのために行っていることを誇りに思っており、今年後半および将来の世代のRyzen 7000シリーズでこれを機能させる予定です。

AMD のシニア バイス プレジデント兼クライアント担当ゼネラル マネージャー、Saeid Moshkelani は次のように述べています。

ロードマップの右端にある小さな点線のボックスは、AMDが実際に次世代の ThreadripperとRyzen APUファミリを準備している可能性があることを示しています。現在、これらは両方とも、Ryzen Threadripper 7000とRyzen 7000Gとして Ryzen 7000 ファミリの下でブランド化されます。どちらのパーツも 2023 年の後半に予定されているため、次世代の Ryzen APU および Threadripper ファミリに到達するまでに 1 年以上かかることになります。

AMDのRyzen Threadripper 7000 CPUは聞こえ始めており、Ryzen 7000Gのラインナップは2023年後半に予定されているため、多かれ少なかれ更新された設計を使用することになるでしょう。おそらくRDNA 2またはRDNA 3コアを搭載したZen 4でさえPhoenix Point APUであり、DDR5をサポートするAM5プラットフォームで起動します。

Intel Raptor Lake CPUは、AMDのRyzen 7000 とRyzen 7000 X3D V-Cache CPUの形で、両方の面から挑戦されるようです。Intel は、数日前にダイが流出した34 コアの Raptor Coveなど、最大 56コアと高コア数を特徴とする次世代 HEDT/ワークステーション ラインに取り組んでいます。2022 年の後半は、すでに競争の激しい四半期であり、来年も同様の動きが予想されます。

AMD Zen CPU / APU Roadmap

ZEN ARCHITECTUREZEN 1ZEN+ZEN 2ZEN 3ZEN 3+ZEN 4ZEN 5ZEN 6
Process Node14nm12nm7nm7nm6nm?5nm/4nm4nm/3nmTBA
ServerEPYC Naples (1st Gen)N/AEPYC Rome (2nd Gen)EPYC Milan (3rd Gen)N/AEPYC Genoa (4th Gen)
EPYC Genoa-X (4th Gen)
EPYC Siena (4th Gen)
EPYC Bergamo (5th Gen?)
EPYC Turin (6th Gen)EPYC Venice (7th Gen)
High-End DesktopRyzen Threadripper 1000 (White Haven)Ryzen Threadripper 2000 (Coflax)Ryzen Threadripper 3000 (Castle Peak)Ryzen Threadripper 5000 (Chagal)N/ARyzen Threadripper 7000 (Storm Peak)TBATBA
Mainstream Desktop CPUsRyzen 1000 (Summit Ridge)Ryzen 2000 (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 (Matisse)Ryzen 5000 (Vermeer)Ryzen 6000 (Warhol / Cancelled)Ryzen 7000 (Raphael)Ryzen 8000 (Granite Ridge)TBA
Mainstream Desktop . Notebook APURyzen 2000 (Raven Ridge)Ryzen 3000 (Picasso)Ryzen 4000 (Renoir)
Ryzen 5000 (Lucienne
Ryzen 5000 (Cezanne)
Ryzen 6000 (Barcelo)
Ryzen 6000 (Rembrandt)Ryzen 7000 (Phoenix)Ryzen 8000 (Strix Point)TBA
Low-Power MobileN/AN/ARyzen 5000 (Van Gogh)
Ryzen 6000 (Dragon Crest)
TBATBATBATBATBA

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Ryzen 8000「Granite Ridge」デスクトップ…

  2. Intelの第10世代Comet Lake Desktop CPUの価…

  3. IntelのエントリーレベルCorei3-12300、Corei3-1…

  4. Intel Lunar Lake CPU 17Wは、Meteor La…

  5. AMD Ryzen 9 7950X 16 コアのリテール CPU は8…

  6. AMD Zen 3 CPUのサポートがLinuxカーネルに追加! 発表…

  7. SK hynix 10億プロセスで、次世代 DDR5 RDIMM と …

  8. TSMC 3nm ノードは予想よりも優れる、IntelがArrow L…

  9. AMDの次世代Zen 4ベースのEPYC GenoaとRadeon I…

  10. AMDの目標、第2世代EPYC CPUで2020年第2四半期までにサー…

  11. MCJ G-Tune GeForce RTX搭載ゲーミングPCでBFV…

  12. AMD Ryzen Threadripper Pro 5000 CPU…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP