Intel 10nm Whitley Lake CPUベンチマークリーク

(Source:wccftech)

Intelの今後のWhitleyプラットフォームのベンチマークがリークされたばかりで、Intelのリークシーズンのように見えます。10nmプロセスで製造されたWhitleyプラットフォームはPurleyの後継となり、Intelのサーバーエコシステムを(最終的に)10nmに移行します。これらのベンチマークに基づくと、顧客とクライアントは、旧世代のXeonパーツと比較して、パフォーマンスの絶対的な大幅な向上を期待できるようです。

IntelのIce Lake SP「Whitley」プラットフォームがAMD Milanに戦いを挑む

これらのベンチマークは非常に初期のエンジニアリングサンプルに基づいており、間違いなく変更されます。ドライバーの最適化はこの時点では存在しないためです。ここに示されているパフォーマンスは最終的なパフォーマンスを示している可能性がありますが、一粒の塩を使用する必要があります。Intelはかなり長い間14nmプロセスにとどまっており、競合他社が7nm(Intelの10nmとほぼ同等)に移行する間、「最適化」の実施を余儀なくされました。10nmの旅は失敗に悩まされてきましたが、TMGの調査がようやく始まっているようです。

Sunny Cove アーキテクチャに基づくIntelのIce Lake CPUは、同社のCPUアーキテクチャの最初の根本的な新しい書き直しをもたらし、パフォーマンスと電力効率の大幅な向上を示すことがすでに期待されていました。IntelはすでにSunny Coveが革命的であるという考えを打ち出していましたが、そのものの情報は初めてです。Intelの既存のサーバー側プラットフォームはPurleyと呼ばれ、Purleyの後継となるIce Lake派生製品のコードネームはWhitleyです。今日ここにあるのは、本質的に最初のホイットリー部分のGeekbenchリークです。つまり、10nmプロセスに基づくIntel Ice Lake SP CPUです。

大規模なRAMアレイとMicrosoft Server OSで明らかなように、プロセッサのサーバーアプリケーションを検討しています。問題の部分は12コア/ 24スレッドCPUで、Ice Lake SP(Whitley)ラインナップの下端に配置されます。また、名前やトポロジーを含むGeekbenchの通常の誤読もありますが、識別子はそれ自体を語っています。もう1つ気付くのは、CPUに2.7 GHzのターボが搭載されていることです。これは、最新のIntelプロセッサーで達成されるクロック速度よりもはるかに低いです。プロトタイピングとテストの後、クロック速度はほぼ確実に向上しますが、プロセスの成熟度の明らかな理由により、Ice Lake CPUが14nm未満の部品をクロックすると予想しています。このCPUがどれだけの性能を発揮できるかを見て驚きました。Intel Whitley Ice Lake SP CPU ESサンプルは、ほぼ28,000ポイントのマルチコアスコアを記録しました。これは、コア用の以前のPurleyプラットフォームコアとクロック用のクロックのほぼ2倍です。また、電力効率がずば抜けていることもかなり確信しています。比較のために十分な情報を見つける事は、難しいので今回できませんでした。VMWare環境で次のIntel Xeon W-3235 CPU(12コア/ 24スレッドパーツ)を見つけて、すばやく比較できるようにグラフ化することができました。

クロック速度が遅いため、シングルコアのパフォーマンスは明らかに劣っていますが、実際にはマルチコアのパフォーマンスはPurleyの218%です。IntelはAMDのジム・ケラーを引き抜きしたことの成果が現れ始めているようです。歴史的に、Intelはプロセスアーキテクチャに関しては優位性がありましたが、AMDのMilanに基づく第3世代プロセッサでそのリードを失いました。Intelの10nmプロセッサはMilanに戦いを挑むことができます。しかし、AMDの12コアの第3世代EPYCパーツのどれにも匹敵するベンチマークを現時点で、見つけることができていません。