東芝 XG-6P NVMe SSD発表

(Source:techPowerUp!)

東芝は5月30日、XG6-P NVMe SSDを発表しました。XG-6Pは同じくNVMe M.2規格のSSD製品でXG6 seriesの派生製品となり、最高クラスの書き込み性能と、最大2TBの容量を実現します。使用されるNAND Flashは東芝の96層BiCS Flash 3D TLC NANDである。対応インターフェースはPCI-Express 3.0 x4です。

 

XG6-P NVMe SSD仕様

容量up to 2TB
NAND東芝 96層 BiCS Flash 3D TLC NAND
SequentialReadup to 3180MB/s
Writeup to 2920MB/s
Random 4KReadup to 355000 IOPS
Writeup to 365000 IOPS
インターフェースPCI-Express 3.0 x4 NVMe

このシリーズは滅多に自作PC市場に出回らないのが難点のようです。(CFD辺りが扱ってくれるのではないか、という淡い期待はあるものの、XG-3, XG-5/5P, XG-6いずれも扱いはない。XG-3のみバルク品が単発的に出回ったことがある程度です)。

他で、東芝製NANDを使用しているSSD製品としては最近Gigabyteから「AORUS RGB M.2 NVMe SSD」あり、64層BiCS 3D TLC NANDが使用されています。