CPU

AMD Ryzen 3000 seriesのIHSはソルダリング仕様

(Source:techPowerUp!)

AMDのRobert Hallock氏(senior technical marketing manager)がTwitterに寄せられた質問に答える形で、第3世代RyzenのIHS (integrated heatspreader) がソルダリング仕様であることを説明しました。ダイとIHSの間をソルダリングとすることにより、両者の熱伝導を高めることができます。

Ryzen CPUについては1000番台、2000番台ともにソルダリング仕様であったが、3000番台でも踏襲されるようである。techPowerUp!ではRyzen 3000 seriesのような異種チップ(この場合はCPU chipletとI/Oダイのこと)をMulti-chip-moduleとした製品でのソルダリング仕様は珍しいことであると説明しており、過去に異種チップのMulti-chip-moduleの製品の例として「Clarkdale」が挙げているが、その「Clarkdale」はTIMペーストが用いられていたと解説しています。

なお同じRyzenでもAPUのRyzen 2000G series(Raven Ridge)はTIMペーストを用いていたが、次のRyzen 3000G series(Picasso)ではソルダリングになるという情報があります。

関連記事

  1. Intel Corei9-11900KフラッグシップRocket La…

  2. AMD Ryzen9 3950X 16コア全てが4.15GHzのOC可…

  3. Intel 3月下旬に第10世代モビリティプロセッサを発売へ

  4. Intel Ice Lake 2019年末には大量生産

  5. Computex2018 Intel 28コアのHEDT向けCPU 「…

  6. Intel 12th AlderLake-S暫定価格のリーク–フラッグ…

  7. Intel 2021年に春に販売予定の次世代 Willow Coveコ…

  8. AMD Next-Gen Zen 4 RyzenCPUおよびRDNA3…

  9. SK Hynix 世界最速HBM2E memory

  10. Intelの第11世代Core i7-1185G7 Tiger Lak…

  11. Ryzen 2019年 12コアor16コアへ?!

  12. Intel 10nm Tiger Lake CPU が第 11 世代デ…

PAGE TOP