CPU

Intel Coffee Lake-S Refresh i9-9700K 2018年3Q?!

Intelが今年の3Qに、「Coffee Lake-S Refresh」 として、i9-9900Kを投入するとの事、同時に、i7-9700K、i5-9600K、 i5-9400も投入するという仕様の情報は得られていませんが、i9-9900K、i7-9700K、は、8コア/16スレッドとの事です。また、同時期にZ390チップセットを搭載したMBも投入予定との事。今回のCPUは、「Coffee Lake-S Refresh」ということである事から、既存の300シリーズのMBに搭載できる可能性が高い 。Z370とZ390の違いは、「Intel  Wireless-AC Support」「SDXC  Support」「USB 3.1 Ports:
Gen 2 (10 Gb/s) が最大6ポート対応/ Gen 1 (5 Gb/s)が最大10ポート対応」となる点です。「Coffee Lake-S Refresh」がどこまでの高周波数のもので登場するのか楽しみであります。i7-9900Kあたりは、定格で、5GHzを超えてきてほしいです。

関連記事

  1. AMDはRyzen7 5700X、Ryzen 5 5600、Ryzen…

  2. x86チャンピオンAMDは必要に応じてARMチップを作る準備ができてい…

  3. AMD Ryzen用チップセットドライバー更新

  4. Intel Core i9-10900K CPUフラッグシップレビュー…

  5. Intel 10nm Ice Lake-SP 14コアサーバーCPUが…

  6. 2023年に発売が確認されたIntelの次世代7nm Meteor L…

  7. Intel 14nm Rocket Lake 新アーキテクチャ採用?!…

  8. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPUは、Z890…

  9. Intel Core i9-9900KSをRedditorが購入し、5…

  10. AMD GPUについて

  11. Intel Core i9-11900 8コアRocket Lakeデ…

  12. AMD Ryzen 9 7950Xと7900X、Ryzen 7 770…

PAGE TOP