CPU

Computex2018 AMD 「Zen 2」世代のEPYC製品投入は2019年

Computex 2018で開催されたAMDのPress Conferenceで、CEOであるLisa Su氏が登壇し、「Rome」のコードネームで呼ばれる次世代EPYCについて説明をしました。

「Rome」は、「Zen 2」アーキテクチャを使用したエンタープライズ向けCPU製品で、AMDとしては初の「7nmプロセス」で製造されるCPUになります。現在、「Rome」のシリコンはラボにあり、2018年下半期にサンプリングを行い、パートナーにサンプルが配布され2019年の製品投入を予定している事を明らかにしました。

またAMDが前々から説明しているとおり、「Zen 2」世代のEPYCは現行世代のEPYCプラットフォームと互換性を有し、SocketSP3を引き続き用いる。「Rome」のコア数は48コアや64コアと噂されている、現時点では、詳細はまだ明らかにされなかった。

関連記事

  1. Intelは10nmプロセスで8コアのTigerLake Hプロセッサ…

  2. IntelのTiger Lakeプロセッサは10nm SuperFin…

  3. Intel AMD 今後の動向について

  4. AMD Ryzen 4000G Renoir APUは、日本の小売市場…

  5. AMD Ryzen 95900X「Vermeer」12コアおよび24ス…

  6. Intel 第9世代Coreシリーズ追加

  7. Intel Rocket Lake Core i9-11900K�…

  8. AMD Radeon RX Vega 56 ノートに搭載される

  9. Intel Rocket Lake Iris Xe GPUは、3DMa…

  10. AMD B550マザーボードに7nm Vega GPUを搭載したAMD…

  11. AMDが10月8日に次世代Ryzen 4000「Vermeer Zen…

  12. Intel 2019年以降のCPU

PAGE TOP