CPU

Intel は、LN2 オーバークロックした Raptor Lake Core i9-13900K CPU で 周波数記録8 GHzを10年の期間を空けて達成へ

Intel 第13世代 Core i9-13900K Raptor LakeフラグシップCPUは、ブルーチームを 10 年以上経って8 GHz周波数超えに戻ります。

Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPU で 周波数記録8 GHzを10年の期間を空けて達成へ

Intelが8GHzを超えるオーバークロック周波数の記録を達成してから10年以上が経過しました。HWBOTの8 GHz+リストに表示される唯一のIntelチップは、2000年代初頭にさかのぼる古いCeleronとPentium 4です。ただし、Intelは来月、第13世代のRaptor Lake CPUで更新する予定です。

現在、最高周波数の記録は依然としてAMDのFX-8370であり、非常識な8.72 GHzに位置しています. Intel Celeron D352 は、8.61 GHz のオーバークロック周波数で5番目です。これまでのところ、8 GHz クロックの壁を突破できた最新の Coreまたは Ryzen CPUはありません。Intel Core i9-10900Kは、数年前に7.7 GHzの高いクロック定格を達成した最後の最新のチップでした。オーバークロッカーは現在、Core i9-13900Kなどの Raptor Lake CPUを使用して、8 GHzを超えるオーバークロックを再び実現しようとしています。

Intel Core i9-13900K はフラグシップの Raptor Lake CPUで、8Pコアと16Eコア構成で 24コアと32スレッドを備えています。CPUは、3.0 GHzのベースクロック、5.8 GHz (1-2) コアのシングルコア ブースト クロック、および 5.5GHzの全コア ブースト クロック (8つのPコアすべて) で構成されます。CPU は、合計 68 MB のキャッシュと、最大 253W の 125W PL1 定格を備えています。ここで詳しく説明する「エクストリーム パフォーマンス モード」を使用すると、CPU は最大 350W の電力を消費することもあります。

Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPU のオーバークロック結果を、現在未リリースの Z790 マザーボードでチップをテストしているオーバークロッカーから確保することができました。ボードの製造元またはブランドの名前またはモデルをお伝えすることはできませんが、それは本当のハイエンドの変態マシンになるでしょう。オーバークロッカーは、LN2冷却と 1.792Vの電圧を使用して、Intel Core i9-13900K Raptor Lakeを8GHzまで簡単にプッシュできると述べました。

オーバークロッカーは、8 GHz がIntel Core i9-13900Kオーバークロックのベースラインであり、ラインナップが正式になると、はるかに高いクロック速度が見られると述べました. オーバークロックは、SMTを無効にした8つのPコアに適用されたため、1コアの結果はさらに高くなる可能性があります。全体として、Raptor Lake CPUプラットフォームはオーバークロッカーと愛好家にとって大きな取引になるように見え、今後数か月でさらに極端な結果が見られる可能性があり待ちきれません。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD 「Zen 2」は、Zen+比で13%、Zen比で16%のIPC…

  2. AMD Zen 3搭載の次世代Ryzen 4000「Vermeer」C…

  3. AMD EPYC 7002 series Rome ラインナップ

  4. Intel 13th Raptor Lake Core i9-1390…

  5. IntelがLoihi2 Neuroprocessing Chip&L…

  6. Intel Panther Lake CPU と PCI ID がリス…

  7. Intel 第10世代Coreシリーズ「Ice Lake-U/-Y」の…

  8. Intel Corei3-12100エントリーレベルのAlderLak…

  9. Intelは、次世代 Panther Lake CPU を工場で製造中…

  10. NVIDIA GeForce RTX 4070 は、RTX 3070 …

  11. Intel公式の第13世代Raptor Lake CPUとRaptor…

  12. IntelのRocket Lake CPUが5.0 GHzにブースト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP