VGA

Computex2018 AMD 機械学習向けの7nmプロセス版「Vega」のデモ

AMDは7nmプロセスで製造されたGPUのデモを世界で始めて行いました。この7nm GPUはHPC/AI acceleratorとなるRadeon Vega Instinctで、7nmプロセスの「Vega」をベースとしている。そして7nm版「Vega」のダイと合計32GBのHBM 2をMCMで実装し、HBM 2は4スタックが搭載され、インターフェースは4096-bit。そして、removable infinity Fabric interfaceに対応した最初の製品になります。一般的なPCI-Express 3.0 x16に対応した製品も予定している。

Lisa Su氏が実際に7nm版「Vega」のパッケージを掲げて見せた写真が掲載された、Radeon RX Vega 64/Vega 56と異なるところは、HBM 2がGPUコアの両サイドに2 stackづつ、合計4 stackが搭載している。Radeon RX Vega 64/Vega 56は2 stackであったため、7nm版「Vega」は、広い帯域と大容量を得られます。そしてスライドにも「World First Puclic 7nm GPU Demonstration」の文字とともに32GB HBM 2の表記が確認できた。

7nm版「Vega」のパッケージで最も目立つのは4 stackのHBM2メモリが搭載されていることで、中央部のGPUコアにも変化がある。14nmの「Vega 10」はほぼ正方形に近い形であったが、今回の7nm版「Vega」は縦横比がおおざっぱに3:2程度の長方形であった。。AnandTechの予測値は24mm×14mmの336mm2となっています。「Vega 10」は486mm2なので、この情報どおりであれば、7割程度のサイズになっています。

GPUのロードマップも同時に公表されましたが、以前とそれほど大きな変化はありませんでした。

Vega 14nm→Vega 7nm→Navi 7nm→Next-gen 7nm+

※7nm版「Vega」を使用したRadeon Instinctは2018年下半期予定。

関連記事

  1. NVIDIA GeForce RTX 2080 Super販売開始

  2. NVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER グラフィッ…

  3. NVIDIA GeForce RTX4090グラフィックスカード用の最…

  4. パソコン工房 NVIDIA Quadro P4000 とAMD Ryz…

  5. ゲーミングPC グラフィックスカード選びの為のベンチマーク 2019年…

  6. AMD Ryzen 4000「Zen 3 Vermeer」デスクトップ…

  7. AMD Navi GPU 4つ?!

  8. NVIDIA GeForce RTX 4070の生産は、販売不振による…

  9. NVIDIAは、過剰なGA10 GPU在庫処分のために、GeForce…

  10. NVIDIAが5月23日にComputex2022基調講演を主催し、S…

  11. NVIDIA GeForce RTXシリーズ販売開始 第一弾は、RTX…

  12. NVIDIA GeForce RTX3070Ti ゲームと合成パフォー…

PAGE TOP