メモリ

PC DRAMの価格下落は需要の回復に伴い今後の四半期で鈍化する見通し

主に需要の減少と顧客の関心が薄れてきた事により引き起こされたメモリ業界の急激な価格下落に続き、最近では DRAM の価格下落が鈍化しつつあります。

DRAM 業界は景気回復が見込まれるとの予想で、新しいDDR5メモリを入手するには今が最適な時期?!

TrendForceの報告によると、業界の専門家は今四半期の価格下落率が 0 ~ 5% に縮小すると予測しています。第 2 四半期に見られたものと比較すると、これは大幅な減少であり、業界にとっては有益となる可能性があります。ただし、TrendForce は、DRAM 製品の価格回復はすぐには起こらず、2024 年までに回復すると予想しているとも述べています。

この価格下落傾向の主な原因は、SamsungやMicronなどの業界リーダーが前四半期よりも早く生産を削減していることに関係しています。これは、業界が数四半期にわたって見てきた供給過剰の状況に対応する試みです。この戦略はメモリ製品の不足を引き起こし、価格上昇につながる可能性があるため、短期的には企業に利益をもたらします。ただし、消費者の観点から見ると、特に高構成のメモリを取得する場合に問題が発生する可能性があります。

TrendForce は、DDR4 も同様の状況に直面していると述べているため、供給過剰は現行世代のメモリ製品に限定されません。メーカーが高在庫レベルの解消に注力しているため、DDR4 メモリの価格は今後数四半期で 3 ~ 8% 下落する可能性があると予想されています。さらに、グラフィックス DRAM の統計は、業界の価格下落の影響を大きく受けていることを示しています。ただし、新しい GeForce RTX 40 シリーズ ラインナップのリリースにより、16 GB GDDR6 メモリの需要が増加していますが、第 3 四半期の価格下落は依然として 0 ~ 5% にとどまると予想されます。

DRAM 業界の現状は確かに壊滅的であり、市場がいつ回復するかはまだ不透明です。しかし、SK Hynixのような企業は、DRAM事業は厳しいものの、最近のAIブームにより、需要が大幅に増加しているのでそんなに遠くない時期に回復が見込まれると最近報告しています。現時点では問題が生じていますが、AI に関する話題がそれを救ってくれるかもしれません。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. メモリ DDR5が2019年後半から生産開始?!

  2. Samsungが高度な14nmEUVノードでDDR5メモリの量産を開始…

  3. Samsung、NVIDIA からの「潜在的」需要の中、大量の 2.5…

  4. Samsung の Shinebolt、Flamebolt、Snowb…

  5. Intel 13th Raptor Lake CPU プラットフォーム…

  6. Intel 最大3.84TBメモリに対応「Cascade Lake-S…

  7. Extreme Overclockerは、エントリーレベルのDDR5-…

  8. AMD Ryzen 1.7.1用のDRAM Calculatorがダウ…

  9. DDR5メモリモジュール、量産向けに展開、IntelおよびAMDの次世…

  10. Micron GDDR6メモリ 大量生産開始

  11. G.Skill Trident Z5 Royal Elite、Z5 R…

  12. DDR5メモリ価格がメーカーの大規模減産で最大20%高騰

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP