VGA

Micron GDDR6メモリ 大量生産開始

Micronは6月25日、8GbitのGDDR6の大量生産を開始したと発表。GDDR6はこれまでのGDDR5よりも高速で大幅な性能向上を実現、アクセラレーションやグラフィックス、ネットワーク、自動運転などの最先端アプリケーションにより広い帯域をもたらします。Micronが生産を開始したGDDR6 8Gbitチップは市場に向けていくつかのバリエーションがあるようです。中でも、Graphicsとなるのは14Gbpsの「MT61K256M32JE-14:A」と12Gbpsの「MT61K256M32JE-12:A」で、駆動電圧は1.35V。従来のGDDR5が1.5~1.6V駆動であったので、GDDR6ではGDDR5よりも省電力化が期待されます。(ネットワーク向けと自動運転向けは12Gbpsと10Gbpsと、Graphics向けよりやや速度を落としているものの、駆動電圧は低い1.25Vに抑えられている)また型番は明らかではないが、16Gbpsのチップも準備が進められているようです。

本メモリについて、新GeForceに関する情報でも動きがあったようです。次世代メインストリームGPUがGDDR6を搭載する。このGDDR6を搭載するNVIDIAの試作ボードがリークされていました。このボードには12枚のGDDR6が搭載されていて、容量は12GB、メモリインタフェースは384-bit。PCI-Express電源コネクタは8-pin×3が搭載され、第2世代NVLinkのコネクタが搭載されていました。メモリチップのサイズから搭載されているGPUのサイズが推測され、676mm2という数字が出てきていました。GP102が471mm2、GP100が610mm2なのでこれらよりも大きい数字(GV100の815mm2より小さい)。GeForce GTX 1080 Tiの後継(GTX1180 Tiか?)のようです。

関連記事

  1. Intel Iris Xe GPUが印象的な1650 MHzオーバーク…

  2. NVIDIAが、IntelおよびAMDCPUを搭載したデスクトッププラ…

  3. AMD 「Rome」と「Navi」は2019年第3四半期のローンチ予定…

  4. Intelが7680コアと23 TFLOPのコンピューティングを搭載し…

  5. NVIDIAのヒント、GTC2022での Hopper GPUアーキテ…

  6. NVIDIA GeForce RTX 50 フラッグシップ ゲーミング…

  7. ドスパラ、Coffee Lake世代の6コアCPUを載せたゲーミングP…

  8. AMD Radeon Vega 20 ベンチマーク?!

  9. NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8 GB 128…

  10. NVIDIA GeForce GTX1180?!

  11. MCJ G-TuneブランドからIntel Core i7-9750H…

  12. AMDが一部のゲームでFSR「FidelityFX超解像」サポートを備…

PAGE TOP