その他

PCIe Express 7.0仕様草案がリリースされ、2027年までに512 GB/秒の速度に期待膨らむ

PCI Special Interest Group (PCI-SIG) は、PCIe Express 7.0 のドラフト仕様バージョン 0.3 を発表し、テクノロジーに新たな扉を開きます。同社は、サンタクララで開催される年次開発者カンファレンスでこのテクノロジーについてさらに詳しく更新する予定です。

PCIe Express 7.0 は前世代からの大幅な改善が特徴

PCIe Express 7.0 は、業界でまだ見たことのない速度を備えています。ピンあたり最大 128 GT/s の速度が期待されており、前世代から大幅に向上しています。これは、16 GB/秒の全二重双方向帯域幅を備えた PCIe デバイスの 2 倍の帯域幅を備えます。これは、PCIe 6.0 の 8 GB/秒に比べて大幅な増加です。
新しいバージョン 0.3 のドラフトは、さまざまな取締役会メンバーに提供される予定です。これは、このテクノロジーをより広く利用できるようにするための最初のステップです。この草案により、消費者やグループのメンバーは PCIe Express 7.0 の可能性を知ることができ、関心を集めています。
この新しいテクノロジーは、PCIe 6.0 で見られたものと同様の、PAM4 シグナリングと 1b/1b フリット モード エンコーディングを特徴としています。主な変更点は物理層の開発であり、その結果、パフォーマンスが向上しました。PCI-SIG は、PCIe 7.0 が完全に開発されるまでの期限を設定しました。同社は、初期のテストと開発が完了した後、この技術が2025年までに実用化されると予想している。さらに、PCI-SIGは大規模産業向けの認証であるコンプライアンスプログラムに関する情報も公開している。これについて同社が述べていることは次のとおりです。

この仕様のコンプライアンス プログラムは、2027 年に稼働する予定です。新しい仕様を使用する大規模な商用ハードウェアが出荷される前にコンプライアンス テストと認証が事実上必要であるため、コンプライアンス プログラムはハードウェアの可用性の機能バロメーターです。 。そして、いくつかの例外を除いて、これらを組み立てるには 2 ~ 2.5 年かかる傾向があります。

これらすべてのことは、最初の商用 PCIe 7.0 製品は、少なくとも今から 5 年後の 2027 年までは期待されないことを意味しており、この初期草案に続いて PCIe 7.0 に向けてまだ多くの作業が必要であることを強調しています。

PCIe Express 7.0 の開発とは別に、同社は PCIe 5.0 および PCIe 6.0 テクノロジーに最終仕上げを追加することにも取り組んでいます。特にケーブル配線においては、チャネルを維持/拡張するオプションを使用して改善が行われ、より効率的なケーブル配線ネットワークが作成されます。PCIe 5.0 と PCIe 6.0 を特徴とする 2 つの異なるケーブル仕様が 2023 年第 4 四半期までに市場に投入される予定です。

会社自身が述べているように。PCIe Express 7.0 は 2027 年までに消費者市場に投入される予定はなく、PCIe 6.0 などの前世代はまだテスト段階にあります。それを念頭に置くと、このテクノロジーには大きな可能性がありますが、その実現にはまだ長い道のりがあります。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. 世界第3位の暗号マイナーであるロシアで、GPUマイニングと暗号の使用の…

  2. AI プロフェッショナルが NVIDIA から AMD への切り替えを…

  3. 見た目の最高のCPUクーラーがついに登場!!DeepCool Assa…

  4. NVIDIA、ロシアのすべての GPU オペレーションとメイン オフィ…

  5. TSMCは台湾南部に新しい工場を建設すると噂されています

  6. Microsoft 、次期 Windows 11 アップデートでメモリ…

  7. NVIDIA の「暗号通貨マイニング」訴訟が新たな展開、米最高裁が同社…

  8. グラフィックカードの出荷は2022年の夏までに大幅に改善されると報告書…

  9. DXVK 2.2 は Unity エンジン、ゲーム修正などの D3D1…

  10. Intel XTU「ExtremeTuningUtility」がAld…

  11. Microsoft、Windows 11の後継となる「Windows …

  12. Deepcool は、Assassin IV デュアルタワー ヒートシ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP