VGA

AMD FSR 3はドライバー側で最大4つの補間フレームを生成する

AMDのFSR 3「FiedilityFX Super Resolution 3」テクノロジーのいくつかの新しい詳細が、 GitHubの最新リストで明らかになりました。新しい詳細は、今後の技術がドライバー側で有効になる可能性があり、複数の補間フレームを生成することを示しているようです。

AMD FSR 3 が近日登場! 最大 4 つの補間フレーム生成をドライバー側に実装

この情報は、GitHub で入手可能な最新の GPUOpen コード内で明らかにされ、@Kepler_L2によって発見されました。リスト内の最も興味深い 2 行のコードは、AMD が前回話した FSR 3「Fiedility FX Super Resolution」で期待されるフレーム生成技術の形式を実際に実装しようとしていることを示唆しています。

コードでは、AMD の FSR 3 は最大 4 つの補間フレームのフレーム生成率を持つと述べています。これは、各実際のフレームに対して、このテクノロジーが最大 4 つの補間フレームを生成できることを意味します。NVIDIA DLSS 3には、有効にすると単一フレームごとに 1 つの補間フレームを生成するフレーム生成テクノロジもあります。ただし、NVIDIA の DLSS 3 では、ユーザーがフレーム生成値を 1 を超える値に変更することはできず、まだスイートの一部でもありません。DLSS 3 は、テンソル ハードウェアと学習モデルを利用して補間フレームを生成します。AI による支援をすべて利用したにもかかわらず、初期の実装ではゴーストや画面のティアリングに関連する問題がまだいくつか残っていましたが、現在は解決されつつあります。

AMDはこれまでのところ、AIハードウェアにより適したユースケースがあるため、FSR「FiedilityFX Super Resolution」にAIを完全に使用するつもりはないと述べている。FSR 3 により、ユーザーまたは開発者が 1 つの補間フレームを超えてフレーム生成を変更できるようになった場合、結果として得られる画質が十分に良好でゲーマーにとって満足できるものであるか、それとも非常に壊れた混乱になるかどうか数か月の間、確認するのは興味深いでしょう。

このほか、ドライバー側にAMD FSR 3「FiedlityFX Super Resolution 3」が統合される可能性も報じられている。これは、このテクノロジーが FSR 1 や FSR 2 のようにハードウェアに依存せず、Intel/NVIDIA ハードウェア上で実行されないことを意味します。ただし、同社はFSR ソフトウェアのオープンな性質に賭けているため、そうではない可能性があります。AMD はまだ FSR 3 を正式にリリースしておらず、GDC 2023 以降、新しい情報は何もありませんが、より主流の RDNA 3 グラフィックス カードが市場に登場すれば、このテクノロジーがすぐに実用化されることが期待できます。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. NVIDIA GeForce RTX 40 シリーズ PCIe Gen…

  2. ドスパラ ゲーミングPC 対象製品ご購入で大人気PCゲーム『BATT…

  3. AMD 「Navi 20」はRay Tracingに対応し、拡張版GC…

  4. NVIDIAが5月23日にComputex2022基調講演を主催し、S…

  5. AMD Radeon RX 6600 XT GPUは、646ドルのプレ…

  6. Intel Arc Alchemist DG2 GPUは、最大5台のデ…

  7. NVIDIA GeForce RTX 4050グラフィックスカードの仕…

  8. NVIDIA GeForce RTX 40 グラフィックス カードは、…

  9. Intel Xe MCMフラッグシップGPU 巨大な500W

  10. AMD 12月にはNaviがRay Tracing対応へ

  11. NVIDIA GeForce RTX 30 ‘Ampere…

  12. AMD Radeon RX5800、RX 5600シリーズ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP