その他

見た目の最高のCPUクーラーがついに登場!!DeepCool Assassin IVデュアルタワー

DeepCool は、主力の高性能 CPU クーラー、Assassin IV デュアルタワー ヒートシンクをついに発表しました。この CPU クーラーは、これまでで最も美しい空冷クーラーの称号を簡単に獲得するはずです。

DeepCool の Assassin IV デュアルタワー CPU クーラーは、最高のヒートシンク設計とトップクラスの冷却性能を備える

DeepCoolは CES 2023 で Assassin IV を初めて発表し、そこで美しく強力なヒートシンクをクローズアップして見ることができました。それ以来、同社は多くを明らかにしてこなかったが、ようやく本格的な情報が明らかになりつつあるようだ。予想通り、DeepCool Assassin IV は他とは異なるヒートシンクと CPU 空冷クーラーです。完全に覆われた外観とオールブラックでコーティングされたユニークな四角いデザインは素晴らしく、どんな PC ビルドにもよく合います。

DeepCool 自身によると、Assassin IV CPU クーラーは非常に静かに動作し、最大 280Wの熱を消費しますが、これは現代のハイエンド CPU には十分な性能であり、Intel Core i9-13900KS の 253W CPUさえも問題になりません。

ヒートシンクには 7 本のヒート パイプと、定格 500 ~ 1700 RPM の極端な RPM で静かに動作する 120 および 140 mm FDB ファンを含むデュアル ファン コンボが付属しており、パフォーマンス時に 79.1 / 58.06 CFM のエアフロー、静音モードで 63.76 / 46.75 CFM のエアフローを実現します。ファンは、パフォーマンス時であっても 29.3 dB(A) 以下の低騒音仕様で、静音モード時に 22.6 dB(A) 以下と風切り音を感じさせない程度のノイズしか発しません。

ソケット互換性に関しては、DeepCool の Assassin IV は、Intel LGA1700/1200/115x、Intel LGA20xx、と AMD AM4/AM5と互換性があります。背の高いヒートシンクを備えたメモリースティックを実行している場合は、ファンのクリアランスを調整することもできます。

ユニットの正確な寸法は 144 x 147 x 164 mm ですが、ヒートシンク自体の寸法は 140 x 110 x 160 mm、重量は 1,575gです。ファンは 4 ピン PWM コネクタから電力を供給され、ヒートシンクシュラウドには CPU の温度に基づいて色が変化する RGB LED もあります。ユニットはパフォーマンス モードで 2.88 Wを消費します。

価格と入手可能性についてはまだ発表されていませんが、他のデュアルタワー ヒートシンク クーラーと比べて非常に競争力のある価格になると予想されます。このクーラーは素晴らしく、デュアルタワーが選択できない場合は、DeepCool のさまざまなデジタル空冷クーラーと AIO も近々発売されます。これらは、既存のラインナップをより優れたデザインで更新されたモデルです。

DeepCool Assassin IV CPU エアクーラーの仕様

関連記事

  1. 米国政府が半導体生産施設設立のためにインテルやTSMCなどのチップメー…

  2. AMDのCEO、Lisa Su氏がCiscoの取締役を辞任

  3. PCIe Express 7.0仕様草案がリリースされ、2027年まで…

  4. Deepcool は、Assassin IV デュアルタワー ヒートシ…

  5. Microsoft、Windows 11に「ダイナミック ライティング…

  6. NVIDIA と Microsoft が協力してAIアプリケーションを…

  7. Intelが、Aurora genAI を発表、1 兆のパラメーターを…

  8. Houmo.AIが中国初のHPC AIチップの開発を発表

  9. ASUS ROG Ally は、AMD Ryzen Z1 APU 上の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP