その他

Windows 12を、すでに準備中?! AIを統合する可能性大

マイクロソフト(以下、MS)がIntelと協力して、すでに次期「Windows 12」の準備を始めているとの噂があります。この情報は、Intel関連の有名リーカー@leaf_hobby氏が、同社の第14世代デスクトップ向けプロセッサー「Meteor Lake」の詳細をツイートしたことで判明しました。

すでに当該ツイートは消されているが、Googleキャッシュは残っている。それによるとIntel社内では、次世代チップがWindows 12をサポートすると言及しているとのこと。The VergeはこのリークについてIntelやMSにコメントを求めたものの、両社はともに拒否したという。

第14世代デスクトップ向けプロセッサー Meteor Lakeと同時に、Windows 12登場?!

MicrosoftはWindows 12の予定を発表していません。将来的にAI機能の統合を検討している兆候はある。たとえば同社のYusuf Mehdi副社長はインタビューで「Windowsの将来バージョンの開発を始めるにあたり、我々はAIが体験の面で自然な役割を果たすべき様々な領域について考えるだろう」と述べていました。また同氏は、AI機能を備えたBingプレビューの最新情報をツイートしたり、Windows 11のタスクバーにAIチャットが統合される事に関してのアップデートも語っています。

これらに先立ち、今年初めのCESでWindowsチーフのPanos Panay氏は「AIはWindows上であらゆることを行う方法を再発明する」ともしていた。さらに同社のSurfaceチーム関係者も、AIが「コンピュータの使い方や、その形が本質的にどう進化していくかに大きな影響を与えるかもしれない」と述べていました。Windows 12がいつ登場するのか、現時点では不明である。だが、MSはWindows 10を「最後のWindows」になるとの宣言をWindows 11により撤回した後に、リリースサイクルを3年に戻し、次のバージョンは2024年になるとの噂話があります。しかし、Windows 11でも最小要件を満たしていないPCユーザーにアップグレードを提供する事件(2回目)もありました。メジャーアップデートのたびにシステム要件が厳しくなり、Windows 12では混乱がなきように望むが、いつも未完全なものを世に送り続けている事には間違いないが、今となってはそれはそれとして必要不可欠なOSである事には変わりようがない。

(Source:Google Cache)

関連記事

  1. PCIe Express 7.0仕様草案がリリースされ、2027年まで…

  2. グラフィックカードの出荷は2022年の夏までに大幅に改善されると報告書…

  3. Windows 11のリーク!Windows10Xからデザイン要素を借…

  4. Intel Alder Lake CPUが曲がる可能性があるのではない…

  5. AMD Ryzen 5000 Zen3デスクトップCPUが’…

  6. Jensen Huangは、Time magazineで、2021年に…

  7. OneXPlayer 2 Pro ハンドヘルドが発売: Ryzen 7…

  8. NVIDIA、Intel、ARM が AI の未来を FP8 に賭ける…

  9. 第12世代AlderLake用のIntelのファンシーな新しいボックス…

  10. 既知の Microsoft Windows 11 の問題により、SSD…

  11. Houmo.AIが中国初のHPC AIチップの開発を発表

  12. Windows 11の実行に関して、最近のほとんどのPCは問題はありま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP