CPU

Intelは、2023年 第3四半期後半にRaptor Lake RefreshデスクトップCPUを準備し、2024年にCore i7までのMeteor LakeとCore i9までのArrow Lakeを準備

Raptor Lake Refresh、Meteor Lake、Arrow Lake を含む Intel の次世代デスクトップ CPU ラインナップに関する新しい噂が明らかになりました。

Intelは、2023年 第3四半期後半にRaptor Lake RefreshデスクトップCPUを準備し、2024年にCore i7までのMeteor LakeとCore i9までのArrow Lakeを準備

エンスージアスト・シチズンから、少なくとも3つの今後のIntelデスクトップCPUファミリについて語る最新の噂があります。これらには、Intel Raptor Lake Refresh、Meteor Lake、Arrow Lakeが含まれます。

Intel 第13世代 Raptor Lake Refresh デスクトップ CPU ラインナップ (2023年)

Intelは、2023年の大半で第13世代のRaptor Lake CPUから離れることはありません。実際、同社は 2023 年の後半、正確には第3四半期にRaptor Lake Refreshファミリを発売する予定です。このファミリは、わずかに最適化された10ESFノードに基づき、ブルー チームはチップからさらに100~200 MHzの高速化を絞り出すことができます。

同社はまた、フラグシップの Core i9-13900KSを来年初めに発売する予定ですが、これは Raptor Lake Refresh ファミリの一部ではありません。周波数のわずかな上昇は目立たない可能性があり、AMDが2023年前半に期待される次世代X3Dパーツで提供するのと同じ種類の利益をもたらさない可能性があります。第13世代のRaptor Lakeファミリは、既存のIntel LGA 1700/1800ソケットと互換性があります。

Intel 第 14 世代 Meteor Lake デスクトップ CPU ラインナップ (2024年)

Intel の第14世代 Meteor Lake-SデスクトップCPUは一歩後退し、Eコアの数を維持しながらPコアの数を減らします。リークされたチャートに記載されているラインナップには、6つのPコアと16のEコアの組み合わせで最大22コアを備えた最上位を含む5つの異なるSKU構成が含まれています。Meteor Lake CPUのPコアは最新のRedwood Cove アーキテクチャに基づいており、EコアはCrestmont設計を利用します。数週間前に Coelacanth-Dreamによって報告されたように、これらは両方とも新しく改善されたアーキテクチャです。

構成の完全なリストには次が含まれます。

  • Meteor Lake-S 22 (6P + 16E) / 4 Xe コア / 125W TDP
  • Meteor Lake-S 22 (6P + 16E) / 4 Xe コア / 65W TDP
  • Meteor Lake-S 22 (6P + 16E) / 4 Xe コア / 35W TDP
  • Meteor Lake-S 14 (6P + 8E) / 4 Xe コア / 65WTDP
  • Meteor Lake-S 14 (6P + 8E) / 4 Xe コア / 35WTDP

SKU に加えて、すべてのSKUがiGPU用に少なくとも4つのXe Coreを搭載し、64の実行ユニットまたは512のALUを提供することもわかりました。これは、DG2搭載のArc A310グラフィックス カードよりもXeコアが2つ少なく、ファミリの最下層のディスクリート ボードですが、これだけの機能を備えた統合GPUは、AMDのRyzen 7000デスクトップのRDNA 2 iGPUと同等か、それよりも優れています。トップダイ構成のみが 125W の「ロック解除済み」SKU 範囲を持ち、残りは65Wおよび35W TDPの標準の「非 K」および「T」シリーズになります。

ここで注意すべきことは、第14世代のMeteor Lake CPUはCore i7パーツまでしか利用できず、コア数が減ったためCore i9パーツがないことです。CPUはIntel 4 (CPU) + TSMC N5 (tGPU)+TSMC N6 (SOC)プロセスノードを保持します。

Intel 第15世代 Arrow Lake デスクトップ CPU ラインナップ (2024年)

Intel 第15世代 Arrow Lake-SデスクトップCPUは、現在のRaptor Lake CPUに搭載されている24コアを復活させます。Arrow Lake-Sのトップダイは、8個のパフォーマンスコアと16個の効率コアを組み合わせた最大24個のコアを使用します。Enthusiast Citizenによると、ラインナップはCore i7とCore i9フレーバーのみになります。CPUはIntel 4 (CPU) + TSMC N3 (GPU) SKUノードレイアウトを保持します。20Aノードはデスクトップ ラインナップには入らないと噂されています。以下は、ラインナップから期待される SKU の完全なリストです。

  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xe コア / 125W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xe コア / 65W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xe コア / 35W TDP

Intel Desktop CPU Core Count Progression

FAMILY NAMETOTAL CORESTOTAL THREADSP-CORESE-CORESYEAR
Sandy Bridge48N/AN/A2011
Ivy Bridge48N/AN/A2012
Haswell48N/AN/A2013
Broadwell48N/AN/A2014
Skylake48N/AN/A2015
Kaby Lake48N/AN/A2017
Coffee Lake612N/AN/A2017
Coffee Lake Refresh816N/AN/A2018
Comet Lake1020N/AN/A2020
Rocket Lake816N/AN/A2021
Alder Lake1624882021
Raptor Lake24328162022
Meteor Lake2228616~2023
Arrow Lake2432816~2024

Arrow Lake-S ラインナップとの違いは、すべての構成が上位 24 コアのダイを備えており、唯一の違いは TDP 自体であることです。これらのダイからコア数の少ないSKUが派生する可能性があります。Intel はまた、Meteor Lakeラインナップから4つのXe Coresを保持しているようですが、これらはまったく新しいArcグラフィックスアーキテクチャを備えていると予想されます。ここで報告したように、第14世代のMeteor LakeチップはTSMC 5nm GPUアーキテクチャに基づいており、第15世代のArrow Lake CPUはTSMC 3nm グラフィックスアーキテクチャを利用します。

Intelが将来の統合GPUで既存のAlchemistチップと同じ数のALUとEUを保持するかどうかは定かではありませんが、Arrow Lake-Pパーツはデスクトップパーツに統合された GPU最大2560 Xe Coresを提供すると予想されます。

以前のレポートから、Intel が少なくとも2世代のデスクトップCPU、Meteor Lake-Sと Arrow Lake-S をサポートする「V」と呼ばれる新しいソケットを準備していることがわかります。このLGA1851ソケットは、既存の LGA 1700/1800ソケットと寸法が非常に似ていますが、より多くのピンを提供し、新しい機能や強化された機能のサポートが追加されています。

最近の投資家の電話で、Intelは、Intel 4とIntel 3製品で非常に順調に進んでいると述べました。第14世代 Meteor Lakeの生産ステッピングは、2023年のボリュームランプで今四半期に提供される予定ですが、Intel 3も2023年末までに初期生産フェーズに入る予定です。これらは初期のチャートであり、Meteor Lakeと Arrow Lake CPU の発売から離れてまだ数年であることに注意してください。

Intel Mainstream CPU Generations Comparison

INTEL CPU FAMILYPROCESSOR PROCESSPROCESSOR ARCHITECTUREPROCESSORS CORES/THREADS (MAX)TDPSPLATFORM CHIPSETPLATFORMMEMORY SUPPORTPCIE SUPPORTLAUNCH
Sandy Bridge (2nd Gen)32nmSandy Bridge4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge (3rd Gen)22nmIvy Bridge4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell (4th Gen)22nmHaswell4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell (5th Gen)14nmBroadwell4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake (6th Gen)14nmSkylake4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake (7th Gen)14nmSkylake4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (8th Gen)14nmSkylake4/835-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (9th Gen)14nmSkylake8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake (10th Gen)14nmSkylake10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake (11th Gen)14nmCypress Cove8/1635-125W500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake (12th Gen)Intel 7Golden Cove (P-Core)
Gracemont (E-Core)
16/2435-125W600 SeriesLGA 1700/1800DDR5 / DDR4PCIe Gen 5.02021
Raptor Lake (13th Gen)Intel 7Raptor Cove (P-Core)
Gracemont (E-Core)
24/3235-125W700-SeriesLGA 1700/1800DDR5 / DDR4PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake (14th Gen)Intel 4Redwood Cove (P-Core)
Crestmont (E-Core)
22/2835-125W800 Series?LGA 1851DDR5PCIe Gen 5.02023
Arrow Lake (15th Gen)Intel 20ALion Cove (P-Core)
Skymont (E-Core)
24/32TBA900-Series?LGA 1851DDR5PCIe Gen 5.02024
Lunar Lake (16th Gen)Intel 18ATBDTBATBA1000-Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake (17th Gen)Intel 18ATBDTBATBA2000-Series?TBADDR5?PCIe Gen 6.0?2026

(Source:wccftech)

関連記事

  1. IntelのAlderLakeおよびRaptorLakePCHフィリン…

  2. Intel Cannon Lake 10nmCPU今年末の間に合わない…

  3. Intel第12世代AlderLakeモビリティCPUロードマップによ…

  4. Intel Core i5-12400 Alder Lake CPUは…

  5. AMD Ryzen 4000「Zen 3 Vermeer」デスクトップ…

  6. Intel Core i5-13600K 14Core Raptor …

  7. Intel 2019年以降のCPU

  8. AMD Adrenalin 2020ドライバー本日公開

  9. Samsung アモルファス窒化ホウ素を発見

  10. AMD 「Matisse」にchiplet構成のAPUの計画はない

  11. AMDのZen3 Powered Ryzen 5 5600X $ 29…

  12. AMD Ryzen 7 5800X3D CPUをUSD$449で発表、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP