CFD Gamingは、PCIe Gen 5 NVMe M.2 SSD を導入し、定格最大 10 GB/秒の速度と大容量のヒートシンクを搭載

CFD Gamingは、最大 10 GB/秒の転送速度を持つ PCIe Gen 5 NVMe M.2 仕様に基づく最新のSSDを明らかにします。標準のPCIe 5.0インターフェイスにより、同社はそれぞれ 10 GB/s および 9.5 Gb/s の高速読み取りおよび書き込み速度を実現できます。PS5026-E26コントローラーを使用するPhison Electronicsテクノロジーが新しいドライブのバックボーンとなり、Micronのテクノロジーが同社の3D TLC NANDフラッシュメモリータイプを提供します。

新しい CFD Gaming PCIe Gen 5 NVMe M.2 SSD は、最大 9.5 GB/秒の書き込み速度と 10 GB/秒の読み取り速度を提供

CFD Gaming の新しい PCIe Gen 5 NVMe SSDは、全体的な設計を変更します。まず、同社は以前のモデルよりも20mm 大きいヒートシンクを設計しました。

同社のウェブサイトには、サーマルパッドの最後の標準の代わりに、「熱伝導性シリコーン」を参照するサーマルペーストの使用を選択したことが記載されています。この変更は、ヒートシンクと SSD の両方から熱を伝導する際のパフォーマンスを向上させる予定です。適切な冷却を可能にするために上部に小さなファンがありますが、ウェブサイトにはサイズについては言及されていません。

2TB および 4TB の PCIe Gen 5 NVMe SSD の仕様は、新しい製品ラインが PCIe 5.0 x4 を利用していることを示しており、消費者が高い読み取り速度の懸念を認識していることを保証します。CFD Gaming は、新しいSSDが以前のPCIe 4.0 SSDの最大2倍の速度であることを保証します。

CFD Gaming PG5NFZ のその他の機能は次のとおりです。

  • 特に空き容量が少ない場合に、ディスク容量のクリアを支援する「スマート データ処理」
  • 「Predict & Fetch」は、「シーケンシャルリードコマンド」をドライブに指示する際に、システムから次のコマンドを自動的に予測します。この新機能により、データ転送量と受信速度が低下することが予想されます。
  • 「SLC キャッシング」は、動的キャッシングを使用してパフォーマンスを向上させ、SSD の寿命を延ばします。

同社はまた、新しい PCIe Gen 5 NVMe SSD シリーズに 1TB オプションを追加します。

新しい CFD Gaming PG5NFZ SSD は、2 TB モデルで 11月に発売される予定ですが、1 TBおよび4 TBドライブの日付や推定メーカー価格は発表されていません。現在、全モデルが同社を通じて先行販売されています。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)