SSD

Sabrent と Phison は、PCIe Gen 5 Rocket X5 SSD で 14 GB/秒の転送速度達成へ

Sabrent America は、Phison Electronics と協力して、驚異的な速度14Gbpに達するPCIe Gen 5 SSDを開発しています。新しい Sabrent Rocket X5 Gen 5 SSD は現在テスト段階にありますが、同社はベンチマーク結果を提示して、その驚異的な速度を示しています。

Sabrent America と Phison Electronics は、間もなく登場する PCIe Gen 5 SSD で 14Gbps の転送速度へ到達間近

Sabrent の最近の技術デモンストレーションで、Phisonは進捗状況のサンプル結果をリリースしました。両社は、結果を改善し、パフォーマンスを記録破りのレベルに引き上げることを目指しています。現在、Sabrent は、今日の最新のテクノロジで読み取り/書き込みの数を上回っています。

最近の CrystalDiskMark のテストでは、企業が12Gbpsのシーケンシャル読み取りおよび書き込みを確立したことが示されています。ただし、両社の現在の制限により、14,000 MB/s は非常に高い目標です。両社は、かなり速いペースで他のレベルに到達したいと考えています。

現在のテストでは、新しい Rocket X5 SSD では、現在開発されているものを前進させるために、名前の変更と新しいラベル付けが必要になる可能性があると感じています。しかし、最も印象的なのは、Sabrent と Phison が 12Gbps に到達し、14Gbps の読み取りおよび書き込み速度に到達し続けていることです。現在の PCIe 5.0 x4 世代の現在の仕様制限は、14~15Gbps の転送速度です。これらの目標を達成しようとする Sabrent と Phison は、両社にとってウィンウィンであり、利益をもたらすでしょう。

2400 MTps の 3D NAND フラッシュ メモリを製造する際の問題が、その目標を妨げています。これは、このような高速な読み書き速度にアクセスするための重要な要素です。また、現時点で 2400 MTps を作成しているメーカーの数は非常に限られています。3D NAND を製造している 3 社のうち 2 社は SK Hynix と YMTC であり、どちらもその速度には達していません。一方、Micron にはその能力がありますが、十分な速度で SSD を生産する能力を制限しているチップ歩留まりの不足によって制限されています。

Sabrent は Rocket X5 をリリースし、SSD 市場で有力な候補にするために実装できるテクノロジを搭載します。それでも、同社が 14 Gbps の転送速度に到達できると楽観視していることを知っているため、それが現実になるのは時間の問題です。同社は、今後数か月で他の革新的な製品に取り組んでいる現在のテストラボのおかげで、新製品がすぐにリリースされることを保証しています。Sabrent の詳細については、こちらの公式 Web サイトをご覧ください。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Samsung 韓国の平沢でNANDフラッシュの生産能力を拡大する計画…

  2. Intel Optane SSD 800pシリーズを発表

  3. Intel SSD 760p seriesを発表

  4. Intel Optane SSD P4801Xを公表

  5. Optane SSD 905P 海外で販売開始?!

  6. Samsung 990 PRO PCIe Gen 5 M.2 SSD …

  7. CFD Gamingは、PCIe Gen 5 NVMe M.2 SSD…

  8. MSI Spatium M570 PRO Gen5 SSDのデモで、巨…

  9. Silicon Motion PCI-Express 4.0対応 コン…

  10. Western Digitalから、5ビットPLCSSDはすぐには登場…

  11. Intel Optane SSD 900P seriesに、960GB…

  12. Intelが次世代のOptaneと144層3D NAND SSDの詳細…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP