AMD Ryzen 7000 Zen 4 CPU がオンラインにリストされる

Zen 4 コア アーキテクチャに基づく AMD の次期 Ryzen 7000 デスクトップ CPU が、オンライン小売業者に登場し始めました。4 つの CPU はすべて、カナダの小売業者である PC-Canada に暫定的な価格表が掲載されていました。

AMD Ryzen 7000 Zen 4 CPU が暫定価格リストに登場し、フラッグシップ Ryzen 9 7950X が USD$892

価格はMomomo_USによって発見され、AMD Ryzen 9 7950X、Ryzen 9 7900X、Ryzen 7 7700X、および Ryzen 5 7600X が Tray と No-Cooler SKU の両方に記載されています。以下は、チップと小売業者による暫定価格です。

  • AMD Ryzen 9 7950X (100-100000514/WOF) – $1158 / $1140 CAD ($892 US)
  • AMD Ryzen 9 7900X (100-100000589/WOF) – $798 / $777 CAD ($608 US)
  • AMD Ryzen 7 7700X (100-100000591/WOF) – $631 / $613 CAD ($480 US)
  • AMD Ryzen 5 7600X (100-100000593/WOF) – $435/ $423 CAD ($330 US)

これらの価格は間違いなく高い方になりますが、これは初期のリストあるもので、以前の噂では、8 コアと 6 コアのモデルは前モデルよりも安くなる可能性があると言及されていました。また、コア数の多いモデルのRyzen 9などのラインナップは高くなる可能性があります。

同じ小売業者の既存のプロセッサと価格を比較すると、Ryzen 9 7950X の価格は Ryzen 9 5950X よりも 158 カナダドル高いことがわかります。Ryzen 9 7900X の価格は Ryzen 9 5900X より 13 カナダドル安く、Ryzen 7 7700X は Ryzen 7 5700X より 216 カナダドル高く、Ryzen 5 7600X は Ryzen 5 5600X より 15 カナダドル安くなります。現在AMDだけが知っている最終的な価格を待つ必要がありますが、8月29日に発表し最終決定されると期待しています。

そのため、コア仕様に入る前に、AMD Zen 4 アーキテクチャによって 8 ~ 10% の IPC 向上がもたらされることを指摘する必要がありますが、パフォーマンス上の利点の大部分は、クロック速度の高速化は、TDPの向上によってもたらされます。各チップ対前世代。AMD は、Zen 4 コアと Zen 3 コアを比較すると、シングルスレッドで 15% 以上、マルチスレッドで 35% 以上、およびワットあたりのパフォーマンスが 25% 以上向上していることを強調しています。

CPU には、最適化されたキャッシュ再構築版が搭載され、2 倍の L2 キャッシュ (1 MB 対 512 KB)、前世代と同様の共有 L3 キャッシュ、EXPO (AMD の Extended Profiles For Memory Overclocking) による DDR5 メモリのサポート、PCIe Gen 5.0 を搭載しグラフィックス カード、および M.2 SSD をサポートします。以上のことを踏まえて、仕様についてです。

AMD Ryzen 9 7950X 16コア Zen 4 デスクトップCPU

フラッグシップからいきます。前の 2 世代から16 コア/ 32 スレッドを維持する AMD Ryzen 9 7950X があります。CPU は 4.5 GHz の印象的な基本周波数と最大 5.7 GHz のブースト クロックを備え、シングルコアで 5.5 GHz のブースト周波数を持つ Intel の Alder Lake Core i9-12900KS よりも 200 MHz 高速になります。AMD は、Ryzen 9 チップの 170W TDP (230W PPT) 内で可能な限りのクロック周波数を提供しているようです。キャッシュに関しては、CPU には、L3 からの 64 MB (CCD あたり 32 MB) と L2 からの 16 MB (コアあたり 1 MB) を含む 80 MB が付属しています。

Ryzen 9 7950X の価格やパフォーマンスはまだわかりませんが、クロック周波数だけを考慮した場合、Ryzen 9 5950X の後継としてふさわしいものであり、Intel の現在の Core i9-12900K CPU を簡単に打ち負かすことができるでしょう。

AMD Ryzen 9 7900X 12コア Zen 4 デスクトップCPU

次に、別の AMD Ryzen 9 チップで、7900X があります。これは、名前が示すように、12 コア/24 スレッドを備えています。CPU には、さらに高い 4.7 GHz のベース クロックと、シングル コア全体で 5.6 GHz に調整されたブーストクロック周波数が搭載されています。CPU は 170W TDP で、76 MB のキャッシュ (64 MB L3 + 12 MB L2) を搭載します。CPUはAMD Ryzen 9 5900Xと同様のランクなり、Core i7-12700Kの対抗として揺るがすパフォーマンスを備えています。

AMD Ryzen 7 7700X 8コア Zen 4 デスクトップCPU

次は、Ryzen 7 ファミリーに移ります。ここには 8 コア/ 16 スレッドである AMD Ryzen 7 7700X があります。AMD はこれをゲーマーのスイートスポットとして位置付けているため、CPU は 4.5 GHz のベース クロックと 5.4 GHz のブーストクロックを備えていますが、105W TDP (142W PPT) よりも低くなっています。CPU は、単一の CCD からの 32 MB L3 と Zen 4 コアからの 8 MB L2 で構成される 40 MB キャッシュプールを搭載します。

ここで言及すべき興味深い点の1つは、AMD による Ryzen 7 7800X チップの更新が今のところないことです。AMD は、その部分を Zen 4 コア (3D V-Cache) を搭載した Ryzen 7 5800X3D の後継製品に置き換えたいと考えているようです。その場合、 AMD自身が2022年第4四半期後半に発売するV-Cacheパーツが確認されているため、今年後半にCPUラインナップの更新が期待できます. また、セグメンテーションだけに基づいて、Ryzen 7 7700X はメインストリーム セグメントで非常に手頃な価格になりそうです。

AMD Ryzen 5 7600X 6コア Zen 4 デスクトップCPU

最後に、Ryzen 5 7600X. これは、4.7 GHz の高いベースクロックと 5.3 GHz のシングルコアブースト周波数を特徴とする 6 コア/ 12 スレッドになります。CPU は 105W TDP (142W PPT) で動作し以前の 65W よりもはるかに高いですが、これはより高速なクロック速度を達成するために支払わなければならない犠牲になるようです。 CPUは、ダイ上の 32 MBのL3と6 MB の L2を合わせ38 MBのキャッシュを搭載します。

AMD Ryzen 7000 Raphael Desktop CPU Preliminary Specs

CPU NAMEARCHITECTUREPROCESS NODECORES / THREADSCORE CLOCK (SC MAX)CACHETDPPRICE
AMD Ryzen 9 7950XZen 45nm16/32~5.5 GHz80 MB (64+16)105-170W~$700 US
AMD Ryzen 9 7900XZen 45nm12/24~5.4 GHz76 MB (64+12)105-170W~$600 US
AMD Ryzen 7 7800XZen 45nm8/16~5.3 GHz40 MB (32+8)65-125W~$400 US
AMD Ryzen 7 7700XZen 45nm8/16~5.3 GHz40 MB (32+8)65-125W~$300 US
AMD Ryzen 5 7600XZen 45nm8/12~5.2 GHz38 MB (32+6)65-125W~$200 US

AMD  Ryzen 7000 Zen 4 デスクトップ CPU を 9 月 15 日に発売される予定で、8 月 29 日に発売前の発表が予定されており、最終的な価格と仕様が発表される予定です。数日前にすでに仕様をリークしているので、主な焦点はこれらが提供するパフォーマンスの数値と価値 (価格) になるようです.

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)