AMD Ryzen 7000 Phoenix APUは、RDNA3統合グラフィックスを搭載しNVIDIA RTX3060Mと同等に高速

2023年、AMDは最新のRyzen 7000「Phoenix」 APUをリリースし、CPUコアとGPUコアの両方に大幅なアップグレードを提供します。APUは、薄くて軽いデザインでノートブックセグメントをターゲットにしますが、アップグレードされたRDNA 3 GPUコアのおかげで、いくつかの素晴らしいグラフィックパフォーマンスを提供します。

AMD Ryzen 7000 Phoenix APUは、NVIDIA RTX 3060Mパフォーマンスと同等のRDNA3コアに基づく最速の統合グラフィックスを搭載

Greymon55からの最新のツイートに基づくと、Ryzen 7000「Phoenix」に搭載されている統合GPUは、ラップトップとモビリティプラットフォームのゲームチェンジャーになるようです。最近、次世代APUのRDNA 3が、エントリーレベルのディスクリートグラフィックスセグメントにどのように挑戦できるかについて話しました。ツイートの中で、リーカーは、NVIDIA GeForce RTX 3060Mと同等のグラフィックスパフォーマンスを備えたAMDのPhoenix、Ryzen 7000 APUラインナップの可能性を述べています。

APUでNVIDIA GeForce RTX 3060MディスクリートGPUのパフォーマンスを実現すると、パフォーマンスが大幅に向上します。特に、現在のAPUがグラフィックスパフォーマンスでGTX1650に近いことを考えると。ここで指摘する主なことは、ここで引用されているGeForce RTX 3060Mは最速のバージョンではなく、電力に制約のある「Max-Q」であり、60Wしか使用しないということです。それでも、AMD Ryzen 7000の「Phoenix」APUは、CPUコアとGPUコアの間で電力を共有する必要があり、35〜45 Wパッケージ内、またはディスクリートGPUのみよりも最大25W低くなります。Max-Qには、動的ブースト機能に使用される追加の20Wも自由に使用できるため、モビリティプラットフォームを考慮すると、合計で最大45Wの差が見られます。

RDNA3搭載のAMD Ryzen 7000 Phoenix APUにどのような仕様を期待すべきかは、以前の噂では最大24のコンピューティングユニットが提案されていましたが、RDNA 3 IPの最近の設計変更の報告に基づくと、CUカウントは残る可能性があります既存のAPUと同じですが、WGPごとに2倍のシェーダーと合計6つのWGPがあるため、APUはWGPごとに256のストリームプロセッサーに到達でき、合計で合計1536コアになります。これは、以前に予想されたものとまったく同じコア数です。唯一の違いは、方向が大幅に変更されていることです。ただし、以前の仕様と同様に、これらはまだ確認されていません

AMD has confirmed its Ryzen 7000, Zen 4 powered lineup, series to include Raphael Desktop CPUs, Dragon Range & Phoenix Laptop APUs. (Image Credits: TechTechPotato)

したがって、パフォーマンスの観点から、APU内のNVIDIA RTX 3060と同等のGPUは、エントリーレベルおよび薄型のゲームプラットフォームに驚異的です。既存のRDNA2ベースのAPU(2.4 GHz)と同じクロックを使用しても、35-45Wチップとしてはかなり狂気のXboxシリーズSコンソールのほぼ2倍のTFLOPを取得できます。

AMD Ryzen 7000 Phoenix APUのラインナップは、Zen4コアとRDNA3コアの両方を利用します。新しいPhoenix APUは、LPDDR5およびPCIe 5をサポートし、35Wから45Wの範囲のSKUで提供されます。ラインナップは2023年、おそらくCES 2023でも発売される予定です。同じAPUをデスクトップに搭載すると、パフォーマンスがさらに向上するため、AMDのAPUの取り組み、より正確にはiGPUの開発にとって将来は非常に良いものになります。

AMD Ryzen H-Series Mobility CPUs

CPU Family NameAMD Dragon Range H-SeriesAMD Phoenix H-SeriesAMD Rembrandt H-SeriesAMD Cezanne-H SeriesAMD Renoir H-SeriesAMD Picasso H-SeriesAMD Raven Ridge H-Series
Family BrandingAMD Ryzen 7000 (H-Series)AMD Ryzen 7000 (H-Series)AMD Ryzen 6000 (H-Series)AMD Ryzen 5000 (H-Series)AMD Ryzen 4000 (H-Series)AMD Ryzen 3000 (H-Series)AMD Ryzen 2000 (H-Series)
Process Node5nm5nm6nm7nm7nm12nm14nm
CPU Core ArchitectureZen 4Zen 4Zen 3+Zen 3Zen 2Zen +Zen 1
CPU Cores/Threads (Max)16/32?8/16?8/168/168/164/84/8
L2 Cache (Max)4 MB4 MB4 MB4 MB4 MB2 MB2 MB
L3 Cache (Max)32 MB16 MB16 MB16 MB8 MB4 MB4 MB
Max CPU ClocksTBATBATBA4.80 GHz (Ryzen 9 5980HX)4.3 GHz (Ryzen 9 4900HS)4.0 GHz (Ryzen 7 3750H)3.8 GHz (Ryzen 7 2800H)
GPU Core ArchitectureRDNA 3 5nm iGPURDNA 3 5nm iGPURDNA 2 6nm iGPUVega Enhanced 7nmVega Enhanced 7nmVega 14nmVega 14nm
Max GPU CoresTBATBATBA8 CUs (512 cores)8 CUs (512 cores)10 CUs (640 Cores)11 CUs (704 cores)
Max GPU ClocksTBATBATBA2100 MHz1750 MHz1400 MHz1300 MHz
TDP (cTDP Down/Up)35W-45W (65W cTDP)35W-45W (65W cTDP)35W-45W (65W cTDP)35W -54W(54W cTDP)35W-45W (65W cTDP)12-35W (35W cTDP)35W-45W (65W cTDP)
LaunchQ1 2023?Q1 2023?Q1 2022?Q1 2021Q2 2020Q1 2019Q4 2018

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)