CPU

Intelの第12世代CPUの成功により、AMD Ryzen PCの収益は2022年に26%減少すると、市場アナリストは報告

AMDのRyzenデスクトップCPUの収益は、第12世代Alder Lake CPUのおかげでIntelがセグメントに復活したため、2022年には26%減少すると予想されている、とMorganStanleyのアナリストは報告しています。

PC市場が低迷する中、2022年にAMD RyzenのCPU収益が減少し、マザーボードメーカーも出荷予測を引き下げへ

最近の市場分析で、Morgan Stanleyの市場アナリストであるJoseph Mooreは、Ryzen CPUを主に含むデスクトップセグメント内のAMDのPC市場の収益が大幅に減少する可能性があると報告しています。アナリストは、AMDが26%の収益の減少を見る可能性があり、これを引き起こした多くの要因があると予測しています。

PC市場は一般的に2022年に衰退しているだけでなく、第12世代Alder Lake CPUで成功を収めたIntelが復活し、AMDは主流セグメントで激しい競争を繰り広げています。そのため、AMDのRyzen CPUの収益は、前年比で26%減少すると予想されます。同社は、最初のZen 4製品、つまりRyzen 7000 CPUと、長期間続いたAM4プラットフォーム用のより多くのオプションの発売により、今年後半からいくつかの利益を上げる予定です。そのため、同社は2023年に市場収益がわずか2%減少し、その後は比較的安定した期間になると予想されています。

Mooreは、AMDがデスクトップPC関連の収益を2022年に前年比26%、2023年に2%減少させ、ゲーム市場でのIntelのAlder Lakeプロセッサの成功により市場シェアを失うと予想しています。しかし、ムーア氏は、AMDは「その後の相対的な安定性」を見るべきだと述べた。- via Seeking Alpha

Intelが第12世代Alder Lake CPUを発表するまで、AMDにはAM4ユーザー向けの主流のオプションがありませんでした。そのため、彼らはゆっくりと始めました、そしてそれは彼らに影響を与えたかもしれません。しかし、マザーボードメーカーでさえ一般的にPC市場に期待しておらず、2022年の予測を下げているようです。ASUSは2022年に合計1400万台を出荷すると予測していますが、ギガバイトは950万台を予測しています。これは、各メーカーが昨年出荷した1,800万台と1,300万台とはまったく対照的です。

DigiTimesによると、ASUSはマザーボードの売上が24%減少すると予測していますが、Gigabyteは2022年に27%の減少を予測しています。マザーボード市場全体では、4,000万台からわずか3,000万台に減少すると見込まれます。AMDのRyzen7000とIntelの第13世代デスクトップCPUの発売により、市場はわずかに押し上げられる可能性がありますが、PC DIY市場は、インフレの上昇により2023年末まで悲惨な状況が続くと予想されます。次の表は、2019〜2022年のマザーボード出荷の違いを示しています。

さまざまな部品の価格と供給は正常に戻っていますが、市場が回復し、消費者がデスクトップPCセグメントへの関心を再燃させるには時間がかかる可能性があります。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Ryzen5000シリーズAGESA1.1.0.0を搭載したM…

  2. Intel Comet Lake-SはLGA1200?

  3. Intel Tiger Lakeは次世代のXe GPUを搭載し、AMD…

  4. AMDの次世代Rembrandt Ryzen APUは、6 nmプロセ…

  5. AMD Zen 4 Raphael RyzenデスクトップCPUのモッ…

  6. AMD Zen2世代 32コアThreadripper

  7. Intelが第11世代モビリティラインナップTiger LakeのCP…

  8. Intel CEOは、Alder Lake CPUには、NVIDIAに…

  9. NVIDIAとAMDは、IntelとAppleに対抗するため、2025…

  10. 4月19日販売開始予定?「Pinnacle Ridge」AMD Ryz…

  11. AMD X470 3月頃!?

  12. Ryzen Threadripper 品名・型番がみえてきた?!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP