CPU

IntelがAlderLakeのCPUワーピングとベンディングの問題に反論し、大騒ぎするなヽ(`Д´#)ノ保証の無効化について警告

Intelの広報担当者は最近、 Tom’s Hardwareと話し合い、Alder Lakeチップの現在の反りについて話し合った。この曲がりは、ユーザーがプロセッサをマザーボードのソケットに挿入しようとしたときに発生します。ユーザーが新しい細長いチップを現在のソケットセットに押し込むと、チップの温度の上昇に影響を与える可能性があります。これは小さな問題のように見えますが、プロセッサの温度が約5℃上昇すると、チップの効率とIntel Alder Lakeチップの全体的な寿命が短くなる可能性があります。

Intel チップのたわみは正常であり、Alder Lakeプロセッサの保証が無効になることを懸念し調整を行わないよう警告!!

次のJisakuHibiによるビデオでは、このワープが実際に動作していることと、これが適切な冷却レベルを維持しようとしているシステムに与える影響を確認できます。

PCコアユーザーは、この状況をいくつかの異なる方法で参照します。「ワーピング」、「ボウイング」、「ベンディング」などの用語は、プロセッサの中心にかかる巨大な力が統合ヒートスプレッダ(IHS)を曲げる原因となることを最も正確に表しています。愛好家は、独自のソリューションを統合して、問題を最大限に排除しようとします。そのようなソリューションのいくつかは、ユーザーが作成するカスタムデバイス、チップを所定の位置に強制するための追加のワッシャー、または不十分な冷却の損失を補うためにマザーボードからチップソケットをハックソーイングすることです。後者のテクニックは、世界記録のオーバークロッカーである専門家の「Splave」としても知られるAllenGolibersuchによって作成されました。

Tom’s Hardwareが最近投稿したインタビューで、Intelの広報担当者は、状態の詳細、チップまたはソケットを変更した場合の影響、およびIntelがプロセッサまたはプロセッサのソケットの完全な問題を現在の設計を変更して将来を停止する予定があるかどうかについて話し合いました。

統合ヒートスプレッダ(IHS)の変更により、仕様外で動作する第12世代Intel Coreプロセッサの報告はありません。内部データによると、第12世代デスクトッププロセッサのIHSは、ソケットに取り付けた後にわずかにたわむ可能性があります。このような小さなたわみが予想され、プロセッサが仕様外で動作することはありません。ソケットまたは独立したロードメカニズムを変更しないことを強くお勧めします。このような変更を行うと、プロセッサが仕様の範囲外で実行され、製品の保証が無効になる場合があります。

—トムスハードウェアの最近のインタビューでのIntelのスポークスパーソンからの解説

Intelはこの問題を認識しているようですが、「わずかなたわみが予想される」と述べ、ユーザーに変更を加えないように警告しています。ユーザーは、保証を完全に無効にします。たわみは、「構造要素の一部が荷重を受けて変位する程度 」と定義されます。この用語は、工学に基づいて見られ、熱狂者が問題を反り、曲げ、または捻じれ。

Intelの声明で興味深いのは、プロセッサの温度が仕様を超えているという証拠がないと同社が述べていることです。彼らの仕様では、チップは最高温度セットである100ºCを超えて動作しないと規定されています。Intelはまた、温度がチップを阻害するほど過度ではないことを認めています。

Intelは、ユーザーがブースト周波数と見なしている周波数に到達するかどうかについて話し合うことを避けているようです。同社は、Alder Lakeチップの基本周波数を除いて、クロック速度の値については話していません。標準の操作手順では、Intel Core i9-12900Kおよびi9-12900KSプロセッサは最大100℃に達する可能性があります。ただし、CPUまたはソケットを変更して温度をさらに5℃上げると、パフォーマンスと最高のワークロードが失われます。チップがそれ以上ストレスをかけることができないためです。したがって、公開されているIntelのターボブースト周波数は公式の保証値ではありません。

また、製品やメーカーが異なっていても、保証の無効化によりプロセッサを変更しないという警告は異常ではありません。どんな製造業者も、異常なまたは劇的な製品の変更はユーザーの保証を無効にするだろうと述べます。

オンラインサイトとIntelの担当者の間でトムスハードウェアからのインタビューを投稿しました。2つは、プロセッサソケットのたわみの問題と、マザーボードの曲がりの性質によって引き起こされる変更について説明します。

トムのハードウェア: ILM設計に計画された変更はありますか?この状態は、ILMの特定のバージョンでのみ存在する可能性があります。このILMが仕様どおりであることを確認できますか?

Intel:「現在のデータに基づいて、IHSのたわみの変動を特定のベンダーやソケットのメカニズムに帰することはできません。ただし、パートナーやお客様と一緒に潜在的な問題を調査しており、必要に応じて関連するソリューションについてさらにガイダンスを提供します。 。」

TH: 一部のユーザーは、たわみの問題による熱伝達の低下を報告しています。これは、IHSがクーラーと結合する能力に明らかに影響を与えるため、理にかなっています。嵌合が熱スロットリングを取得するのに十分に不十分だった場合、Intel RMAはチップになりますか?

Intel: 「マイナーなIHS偏向が予想され、プロセッサが仕様の範囲外で動作したり、プロセッサが適切な動作条件下で公開された周波数を満たすのを妨げたりすることはありません。プロセッサの機能上の問題を観察したユーザーは、Intelカスタマーサービスに連絡することをお勧めします。

TH:チップのたわみの問題はマザーボードにも影響します。チップのたわみの結果として、ソケットの後部が曲がり、マザーボードが曲がってしまいます。これにより、マザーボードのPCBを通過するトレースが損傷する可能性があります。この状態も仕様の範囲内ですか?

Intel: 「マザーボードでバックプレートの曲がりが発生すると、CPUとソケットを電気的に接触させるためにマザーボードに機械的負荷がかかるため、反りが発生します。IHSのたわみとバックプレートの曲がりには、直接的な相関関係はありません。どちらも機械的なソケットの負荷が原因です。」

Alder Lakeチップセットによって引き起こされた偏向は彼らの責任ではないと述べたIntelの否定は、彼らのマシンに最高のパフォーマンスを求めている一部のPCコアユーザーにとって、変更を加えるという点でさえ厄介なことがあります。会社が問題を認識し、重要な変更を監視している場合でも、ソケットのサイズを大きくするための変更や、状況を緩和するためのその他の手法はありません。また、Intelは、このプロセスが彼らの問題であるとは感じていないので、マザーボードの設計者と製造者に、マザーボードに問題があるかどうか、またはIntelに本当に責任があるかどうかを確認する必要があります。市場からのそのような悪影響により、Intelは責任を負い、将来のチップ設計、メーカー向けの更新されたソケット交換などを行う必要があるように思います。

ただ、どうでしょうか実際のところこの問題は、大騒ぎすることでYouTuberの良いネタになっているように感じます。実際のところそこまで大騒ぎする事なのでしょうかOC対応のCPUであれば大半のCPUFANにはバックパネルが用意されているわけでして、この時の反りなどはこれまでの製品でもある程度でも発生していた訳です。何を今更大騒ぎしているの?

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Cascade Lakeは28コアのまま据え置きか?!

  2. Intelの第12世代CPUの成功により、AMD Ryzen PCの収…

  3. AMD Ryzen Threadripper 3960X vs Int…

  4. Intel、ロードマップに 14A プロセス ノードを追加、18A お…

  5. Intel 次世代10nm Tiger Lake CPUファミリーが2…

  6. Intel Xeon E 2100 series(Coffee Lak…

  7. Intelの第10世代Comet Lake Desktop CPUの価…

  8. AMD Ryzen 5000 ‘Cezanne’…

  9. “KabyLake Refresh”は現行の“KabyLake”で用い…

  10. Intel Coffee Lake Refreshの仕様?!

  11. Intel Core i9 12900K ESベンチマークのリークし、…

  12. Intel デスクトップ向けCPU 2021年も14nm?!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP